「手が止まる」


困ったことがあったら
何でも頼っていいんだよ
そうやってみんなを送り出したら
ひとりぼっちになっていた

洗濯物を干しているとき
ご飯を食べているとき
手が止まることがあるの
感情がオフになるから

私の人付き合いは
間違いだったかもしれないな
溶けてしまいそうなほど悲しいのに
溶けられなくてはいまた日常

困ったことがあったら
誰を頼っていいんだよ
鳴らない携帯を切ることもできず
どこまでもひとりぼっちだ


20170218 0003




[PR]
by yasuharakenta | 2016-08-22 00:03 | 詩、歌詞