「高校生の公園」


解けたリボンを結んであげる
ふっと君から香りがする
香水つけてるの?って聞く
シャンプーじゃないかなって君は答える

最後の現国だけサボった
公園の名前のわからない乗り物で
別に1時間くらい受けてもよかったよねって言う
ほんとそれって僕が答えた

リボンのお返しか分からないけど
僕の学ランの第1ボタンに君が手を伸ばして
そのいつも開けたままのボタンをとめた
なんかちょっと苦しいよって僕は言った

でも結構かっこいいよって君が笑う
えーそうかなあって僕は自分の制服を見る
そのあとゆっくり君のほうを見て目があった
今日の髪型かわいいねって言った


20170305 2314




[PR]
by yasuharakenta | 2016-09-19 23:14 | 詩、歌詞