「停止と再生」


中学生が高校生になっても
ぼくは同じところをぐるぐるどころか
同じどころでただじっと
ただじっと来ないひとを待っていた

高校生が大学生になるころ
ぼくはようやく固まった足を溶解させて
出掛けはするけどただずっと
ただずっといないひとを想っていた

大学生が社会人になったら
ぼくは事故みたいに数年ぶりに恋をした

社会人が家庭をもつころ
ぼくもまた別の人と突然結婚をした
忘れたけれどただちょっと
ただちょっと


20170307 2204




[PR]
by yasuharakenta | 2016-09-24 22:04 | 詩、歌詞