「盲導犬のパレード」


せわしく進んでいくはずの
終電近くの埼京線を降りた人の列が
階段でなぜか途端にゆったりになった

覗きこむように前のほうを見ると
その列の先頭にカップルがいた
杖をついて、盲導犬を連れた

つまり僕らは盲導犬を先頭にして
降車後のパレードをしていたのだった

スローで安らかなテンポを
みんなでまばらに刻んでいた

改札をくぐるまでの短い短いパレード
解散しても元気でね


20170521 0026




[PR]
by yasuharakenta | 2017-01-29 00:26 | 詩、歌詞