「教室の別の島」


教室の別の島で
また爆笑が起こった
どうやら奇跡があったらしい
(ねえ私たちには奇跡がないけど
 生きられてるから別にいいよね)

教室の別の島で
今日も爆笑が起こった
ひどくダサいヤツがいたらしい
(ねえ私たちはみじめじゃないよね
 だって私たちのことじゃないもんね)

昼休み
私たちのもう一人が
青く小さな弁当箱からウィンナーを落とした
それを教室の別の島の人が拾って
「大丈夫?」と声をかけた

教室の別の島で
また爆笑が起こった
奇跡はいくらでもあるらしい
(ねえ私には奇跡がないけど
 この席にいても悪くないよね?)

帰り道
私たちの生き残りの私は
一度も入ったことのなかったパン屋で140円のパンを買った
それを駅に着くまでに全部食べてしまった
「いいじゃんね」と私は言った


20170603 0040




[PR]
by yasuharakenta | 2017-02-15 00:40 | 詩、歌詞