「自分以外へ」


過去の友人の誕生日
忘れられないから覚えてるだけ
残るものと残らないもの
自分で選べないけど
確実にそれが自分になっていくふしぎ

それならせめて
好きなもの一旦中止して
嫌いなもの摂取したら
違う自分になれるね
でもみんな面倒くさいからやらない

今日は友人の誕生日
覚えてるけどメール送るほどじゃないだけ
残るものと残らないもの
自分で選べたのかもしれないけど
あのときの僕にはどうしようもなかったって話

夏と春のちょうど真ん中
暑くて寒くてまるで誰かみたい
どこにいるの?


20170624 0003




[PR]
by yasuharakenta | 2017-03-28 00:03 | 詩、歌詞