6年のあいさつ


どっちもいいよ、開設から6年が経ちました。

毎日、せめて毎日分書こうと決めて進めてきた詩は、1493篇になりました。
(去年書かない日が多くあったので、今年に入ってから1日2、3本書いています)

今回、詩のリストというのを作りました。
今まで書いた詩の一覧です。

膨大な量ですよね。
タイトルだけを考えるのだとしてもこれはなかなか大変です。


最近の一番大きいニュースはやっぱり舞台出演かな。
2月にシベリア少女鉄道のオーディションを受けて、5月から6月、赤坂で舞台に立ってきました。

やっぱり、そうだな、大変でした。
何がどこまで必要か分からないから、だから全部してました。
そんなに台詞の多い役じゃなかったけど知ってるボイトレは全部しました。
そんなに動きの多い役でもなかったけど必要そうな準備運動は全部しました。
上手くいかないことが多すぎて、普段しない混乱をしました。
迷惑をたくさんかけたけど、かけない方法がわからなかった。

でも、シベリア少女鉄道は一番好きな劇団だったんです。
初めて観に行ったとき、興奮しすぎて終演後ひとりカラオケしたんだから。
その劇団に参加できたんだから。それだけですごすぎます。ということにしておきます。

今回の台本も演出もとんでもなくて、観に来てくれた友達も「こんなの見たことない」ってみんな興奮してました。
そりゃそうでしょって思います。だからずっと色んな友達に勧めてたんだから。

医師役の吉田さんが、俺のことをちょくちょく気にしてくれて。
音楽やってるのを知って「今度舞台前にギター持ってきて歌ってよ」「俺らが聞いてないの変でしょ」って言ってくれていました。
ギターを持っていくのは結局できなかったんだけど、最後の打ち上げで近くの席になって、自身のスマホで安原健太を検索して「まあるい」を流してくれたんですよね。
でも中華料理屋はガシャガシャしててよく聞こえないから、そのスマホのまあるいに合わせて俺も歌って。
ちょっとしてやめようとしたら吉田さんの「もっとこいよ!」ってアクションがあったので、そのまま2番の終わりまで歌いました。
4秒くらい間があったあとで「・・嫌いじゃないんだよなあ」って爆笑してくれたのがうれしかったんだよなー。


近い未来の一番大きなニュースは、新曲群「雲のパレード」を公開することです。
フロート、逃走、spring、グッドバイの4曲を入れます。

6月中、せめて今日までに間に合わせたかったんだけど、だめだった。
でもグッドバイのもう仕上げ作業なので、遅くても今月中、できたら7/20までには必ず公開します。
それが終わったらしたいことたっくさんあるんだ!!!

月いちで曲を作っていきたいし、書き物もしたいし、練習もしたいし、ライブもしたいです。
雲のパレードはスローからミディアムテンポの曲が多いんだけど、楽しい曲をもっと作っていきたいです。
ちょっと時間かけすぎたからね。

ということで近々発表するはずなのでお楽しみに!
消える日誌を毎日書いているので、それをチェックしていてもらえれば大丈夫。


また、僕が作った勉強できようサイトという勉強が苦手な人のためのサイトもかなり充実させました。
いまいち爆発的に広まってないんだけどね。でも確実に多くの人に使ってもらっているようです。
中高生や中高生の知り合いがいる人は紹介してもらえるとありがたいです。
詩や音楽は好き嫌いがあるけど、これは絶対役立つと思って作ってるからね。
読み物もたくさん用意してるので大人の時間つぶしにもなるはずです。


ということで作業に戻ります。
フロート、逃走、spring、グッドバイ、そしてこれからの色々を楽しみにしていてね。

安原健太




[PR]
by yasuharakenta | 2017-07-11 21:28 | 挨拶