「バイバイ」


好かれてないの
知ってたの
走り回る犬みたいな
私の好きは
止まれなかったの

知られているの
知ってたの
あなたのそっけない返事を
笑顔でかわして
傷ついてないわけないの

あなたが将来誰かに振られて
どうしようもなく寂しくなったとき
ずっと好きでいてくれた私のことを思い出すでしょう
でもそのときその私はもういない
バイバイ バイバイ

理由はいくらでもあった
だからないみたいなものだった
好きで好きで仕方がなかった
昼も夜も仕事中も休憩中も
宝物にしたのはあなた

バイバイ


20170916 0605




[PR]
by yasuharakenta | 2017-07-26 06:05 | 詩、歌詞