「こそだて0年生」


ベビーカーが2台通るのさえきついショッピングモールは
ぜんぶ爆発させて新しいのにしようよ
ねえ男の人がなんでも持ってあげる風潮のせいで
いま毎日腕がパンパンで痛いよ

大好き愛しい私のこども
うんちも鼻水だってかわいいぞ
だけど大泣きが散々繰り返されると
分かってあげれない私を責めてしまうよ

60才くらいのベテランさんが
私のほうをチラチラ気にしてるのが分かる
最初はうざったくて鬱陶しかったけど
今はもはや頼りたい けどやり方が分からない

こんなママでごめんねって
言おうとしてしまう苦しさがあなたには分からないでしょ
こんな人混みの真ん中で泣いたらこの子がかわいそうな子になるから
涙をこらえてバスのいちばん後ろに乗るの

はあこのまま終点まで眠ってしまいたい
でも余計たいへんになるからやめる
腕も肩も腰もふくらはぎも全部痛い
痛いって言うといけない気がするから言わないけど

「これ食べて」前の席から乗り出したベテランさん
手には小さなバウムクーヘンが乗っていた
「あ、この子まだそういうの食べられないんです」アホかよと思って返事をする
「ちがうわあなたに」そう言って私の手を握って乗せた

「そろそろ疲れたころでしょ」そう言って笑うベテランさん
「はい・・そろそろそうですね」って愛想のない返事
「お母さんになるって突然社交性を求められるのよね。こういうふうにおばさんに話しかけられるし」
「いえいえ」って言いながらやっとちゃんと顔を見た

「どんなに大好きでも知らない言葉でずっと大泣きされてれば疲れて当然よ」
「旦那に文句を言うのも疲れるから自分で勝手に休むのがいいわ」
「大好きでいるのには工夫が必要なのよ」
バウムクーヘンをもう一つ渡して彼女は降りていった

「大好きでいるのには工夫が必要なのよ」
ノルマのように付けていた育児日記を早く書きたくなった
気づいたらマンションのエレベーターに乗ってた
そういえば暗い時間のマンションをカイブツみたいに思わないで帰れた 😄

あの人も嫌なことたくさんあったんだろうな。
ああいうお母さんならいいな。
とこの子に思ってもらえるようになりたいな。
思ってもらえるように適当にしようっと。適当になろうっと。
ねえ師匠(←スマホで漢字しらべた!)。

2017.11.24



20171125 0044




[PR]
by yasuharakenta | 2017-10-20 00:44 | 詩、歌詞