<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

黒い画用紙いっぱいにコンパスの針で穴を空けた
夕方の時間が止まる瞬間の苛々が全て集まったような気持ち
君が横からその紙を覗きこんで「星空みたいで綺麗だね、ほら」と言ったら
それらを全部忘れて君を好きになった

魂で会話ができたら幸せなのに
そう思う前から出来ていた
言葉にしたらユニゾンに
言葉にしないときはハーモニーに

どっちもすごく幸せだった

帰り道のはずがぼくは戻ってなどいないかもしれないと感じた夜に
空を見上げたら綺麗な星空があった
どこかで見たことのある夜 何年も生きていれば当たり前なわけじゃない
君の言葉が息を吹き込んだ、紙の上のマボロシの夜

月が満ちたり欠けたりする 生まれるずっと前かららしい
月の名前もわからないのに 僕らはきれいってよくほめた
今度満月になったら会いに行けたらいいんだけどな
ずっと続く帰り道 その途中で寄れたら寄るよ
[PR]
by yasuharakenta | 2011-10-30 09:10 | 詩、歌詞
目の前に純度の高い透明な道がある
そして純度の高い透明な標識がその先にあるものを示している
その標識もそしてその道さえ私にしか見えない
そう信じてしまうから私はその道を行くのだろう
私はどこまでも進むのだろう
どこまでもどこまでも進みたいのだろう

たまに鼓動が強く聞こえる
ごまかしてはいないかと私が私に問うからだ
透明なあの標識に書かれていたことも透明だったのではないか
読めたふりをして先へ行くことをはずかしくは思わないか
私の不安は私が一番知っている
皆が私を励ましたとしても

私は不安に息を切らして答える
ごまかしでもいいじゃないか
あの透明な標識だけが見えたのだ
この透明な道だけが見えたのだ
強い鼓動は続く
しかし止むよりずっといい

そして私は先へ行く
行く先々で人と会話をする
行く先々で人を好きになる
行く先々で人と別れをする

止まっているのかと私が私に問うても
[PR]
by yasuharakenta | 2011-10-23 05:38 | 詩、歌詞
以前introductionとして長いブログ紹介と短い自己紹介というのを立て続けに投稿しましたが、ブログ開始初期ということもありかっこつけていました。

もっと分かり易く、ざっと紹介します。

more!
[PR]
by yasuharakenta | 2011-10-23 05:00 | 連絡ノート
事実をなるべく上手に受け入れるための言葉を僕はずっと探している
悲しみをそれとなく土に埋めるための言葉を僕はいつまでも探している
通じ合う私たちと通じ合わない私たちとを結ぶラインをどこかに求めている
いつまでもいつまでも幸せであるのは不可能だと言い張る人の幸せを探している
通りすがる人の笑顔を少し戴いて

何を言うにも足りないのならいっそ何も言わなければいいという人に与える言葉を
どうせ僕らは死んで行くのだからと分かり切ったことを堂々と押しつける人を迎える言葉を
街から流れるどんな音楽よりあなたのこころに届く言葉を
(たとえそれが無言でもいい)たとえそれが無言でもいいから
僕が今までにした笑顔の総量を計算して

悲しみを埋めた土は心の中にあるから結局何の解決にもなっていないかもしれない
だからといって他人の心を間借りしようとは思えない
もし誰か優しい言葉を掛けてくれるのならその気持ちを肥料にして新しい花を咲かせたい
喜びも悲しみも一緒くたにして僕らは笑い泣きをすればいい
あなたが泣きやむまで 君が笑うまで 僕が消えてしまうまで
[PR]
by yasuharakenta | 2011-10-17 21:33 | 詩、歌詞
きょうはとまっていきなよ
どこって ここに
いつって いま
どうやってって こうやって

どうにかなるよ さまざまなごたごたは
いつのひも いつかのひ
ひとまかせ? ううんちがうよ
あなたにまかせた よろしくたのむよ

そんなこんなでもうおわり
ただいまいちにち
おかえりいちにち

すぐわかるよ あっというまに
こんにちは そしてさよなら

きょうはとまっていきなよ
だれとって わたしと
[PR]
by yasuharakenta | 2011-10-10 15:52 | 詩、歌詞