<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

天気予報でも言い表せない雲で
僕らどこまで旅をしたんだっけ
あの日々はすべて蒸発して
本当の事だけ分からなくなる

夕方の雨で虹がかかって
それはそれは大きな虹で
やっぱりあなたのことを考えていたんだ

この虹を封筒にして あなたに手紙を書くよ
受け取ってくれる?
読みにくいところはね
虹を作った雨がにじんだんだ

かたちにしないと不安になるのも
きっとわかってくれるでしょう
心は液体窒素で凍らせて
保留にしたまま出かけてきたの

光で街の水滴が全て煌めいて
あの雨を全部肯定した
こんなの生きてて初めてだった

やたらと景色を描写して 言葉は無駄に上手になった
好きでいてくれる?
それでもあなたを思うとね
いつでも言葉が止まるんだ

あなたに初めに教わったから
愛って何って 考えたことないよ

僕らだけのあの雲で どこまで旅をしたんだっけ
教えてくれる?
変わる自分も引き受けて 何でも無断で上手になった
好きでいてくれる?
あの虹を封筒にして あなたに手紙を書くよ
受け取ってくれる?

雨上がりの匂いだね
そう言って笑うあなたを思い出すよ
[PR]
by yasuharakenta | 2012-07-31 17:39 | 詩、歌詞
このブログを立ち上げて、朝に汽車という詩を載せてから今日で一年が経ちました。
これからもほめられるようなものを作っていけたら。そう思います。

読んでくれている方はきっと知り合いの方が多いと思います。本当にありがとう。
そしていつか作品がひとり歩きして、僕が制作秘話と解説に書く以上に読み込んでくれるような読者が現れてくれるように、頑張るなんて口にしなくても、がんばってたねって言われるくらいにならなくては。でも、この一年で目に見えて上手くなったぼくを、今日はほめます。
えらいぞ。

このブログを始めるのに、僕にはふたつのはっきりとしたきっかけがありました。
一番最初の解説にも書きましたが、ひとつは朝に汽車という詩が書けたこと、もうひとつは「今日マチ子のセンネン画報」に出会ったからに他なりません。exciteのブログを借りているのも、少しでも近づきたいという気持ちの現れです。今日マチ子さん、ありがとうございます。いつか会えてお礼が言えたら。

タイトルは「今日マチ子のセンネン画報」や「ほぼ日刊イトイ新聞」のような、安原健太を何かしら使用した名詞がいいかなと思っていたんです。(そのほうが安原健太という名前が広まりやすいかもしれないという下心もありました。)あとは、爆笑問題のような、言い切ってしまう強さを持った名詞。結構悩んでいました。「どっちもいいよ」は仮タイトルとして付けたものだったんです。名詞でもないし。
でも、今はとても気に入ってるんです。たった一言で、僕の大切にしていることが言い表せているような。柔らかいのに強いような。「題名なんだっけ?どっちもいいよ?だっけ。どっちもいいよっていいよね。どっちでもいいよだとぶっきらぼうな感じがしちゃうけど、どっちもいいよだと、どっちもいいよって感じがしていいね。」こう言ってもらえたのもとてもうれしかったです。見てくれてるかな。

詩、歌詞というカテゴリーでは、この一年に書いた詩のタイトルの一覧が見れます。
ほんの一年前までは、なんにも、なんにもなかったんだと思うと、なんだか胸にきますね。
せっかくですので、人気の秘訣(笑)制作秘話と解説ショートバージョンでお別れします。
本家(笑)の方ではまだ出ていない詩にも触れて。ありがとうございました。

2年目には、どんなしらないことをしていくんだろう。
おたのしみに。ぼくがいちばん楽しみですけどね。

制作秘話と解説ショートバージョン!
[PR]
by yasuharakenta | 2012-07-11 17:01 | 挨拶