<   2013年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

六月がおわります
今年は雨が少なめだけど
大丈夫かなあ

夏が苦手だからね
五月から溜息がでるけど
今年の六月はそんなにきらいじゃなかったよ

六月生まれには好きな人が多い
誕生日占いには半信半疑の気持ちでいるけど
やっぱり何かがあるのかな

今日で六月がおわります
でも生命は終わりません
生きるのって実はとってもかんたんだ
[PR]
by yasuharakenta | 2013-06-30 18:08 | 詩、歌詞
逃げないのなんてかっこ悪いぜ
我慢するなんてみっともないぜ
なんでも受け流していこう
いつでもひねくれていよう

本当に大切なことなんて
ちょっとしかないんだから

ほら、それの
十分の一もないんだから
[PR]
by yasuharakenta | 2013-06-29 21:58 | 詩、歌詞
透明なパスタ
透明なソースがべっとりとからまって
口元を汚す

透明な牛丼
透明なつゆは少なめで
物足りないくらいがいい

透明なかき氷
透明なシロップ何味にする?
ブルーハワイってなんなんだろう

透明なバニラアイスクリーム
透明な特製納豆御飯
透明な山盛りサラダ
透明な絶品ハンバーグ

透明だったらいつでも食べれる
透明だからいつまででも食べられる

だから私は食べに食べた

I'm hungry.
[PR]
by yasuharakenta | 2013-06-28 22:09 | 詩、歌詞
ずっと遠くになっても
声が届くのが不思議だった

感覚する総てが錯覚だなんて
信じられなかった

ふたりだけで時計の針を
合わせたかった

あなたへの友情は
愛情だったのかもしれない
[PR]
by yasuharakenta | 2013-06-27 22:56 | 詩、歌詞
天才外科医が
こころに何かを埋め込んだ
傷を残さずに

and Control me

誰かが気にする程
悪い気分ではなかった
支配も忘れた

いつか劇的な成功に
喝采を送った人々は
再現だとは気付かないままだった

いつまでも
こころは時々ぴりりといたんだ
見えない文字で

Uncontrol me
[PR]
by yasuharakenta | 2013-06-26 23:59 | 詩、歌詞
生きた証を
地球人全員が残したら
容量不足になるのは知ってる

生きた証を
世界が均等に残しても
意味のないことを知ってる

七十億を数えたことがないから
ひとりの小ささを
たぶんまだ実感していない

それでも

名前のしらない情熱が
なんにも教えないまま
とにかく進めと支配する

出会っていない後悔に
支配されるよりはいいぜと
情熱は言った
[PR]
by yasuharakenta | 2013-06-25 23:00 | 詩、歌詞
音読するスピードで
世界の情報量をひとつひとつ受け止めたい

そして疲れたら
ちょっと休憩しようって
あなたに言ってほしい

意味がなくてもやるんだから
気にしないよ、もう
[PR]
by yasuharakenta | 2013-06-24 21:19 | 詩、歌詞
大きな窓の電車だった
曇りが途切れてきれいだった

お願いだから
今は何にも言わないで

スタンバイ中のオーケストラは
小さな曲を演奏して

どこかから
小さな拍手が聞こえた

僕らは遠い場所で
きっと顔を見合わせた
[PR]
by yasuharakenta | 2013-06-23 20:11 | 詩、歌詞
一生懸命書いたって
僕の言葉は
十年ももたないかもしれない

絶えずゆらり灯るのか
爆発的に灯すのか
どちらがいいか僕はしらない

ねえ、今のあなたには
僕の言葉が届いてる?

たとえばそれが十年後だって
あなたのこころに響くといいな

二時間待ちの空港
あと二時間経ったら
僕は空を飛ぶよ

ねえ、近くを飛んでいたら
手を振り返してよ

たとえばそれが十秒後だって
見逃さないでいてほしい

ねえ、今のあなたには
僕の言葉が届いてる?

たとえばそれが十年後だって
あなたのこころに響くといいな
[PR]
by yasuharakenta | 2013-06-22 08:07 | 詩、歌詞
炎が飛んでいく
淡い色の空の中をすれ違っていく

ひとつだけをひいきするのに
いつか無数のひとつになって
そして見失う

希望なんて載せなくても飛んでいく
それでも私たちは希望を見出してしまう


http://naglly.com/archives/2011/06/paper-lantern.php
[PR]
by yasuharakenta | 2013-06-21 22:29 | 詩、歌詞