<   2013年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

修正テープの雪の上を
文字を書いて歩いていく

雪に埋まるペン先
もう一度テープを引いても
この雪はもうきれいにはならない

新しい場所に雪を敷く
これで最後だよって言い聞かせて
[PR]
by yasuharakenta | 2013-07-31 23:46 | 詩、歌詞
虹の繊維を解いて
ミキサーにいれて
いい色になったら取り出して

乾燥させて
粉状にして
小さくて透明な容器にしまった

植物にまぶしたり
食べ物に混ぜたり
御守りに入れたり

どうしても痛むところは
患部にじんわり塗りこめば
回復も早くなるはず

君の分が無くならないように
君に会うまで
少しずつ使い込んだ
[PR]
by yasuharakenta | 2013-07-30 23:44 | 詩、歌詞
あついので
きょうは少しだけ
へとへとです
[PR]
by yasuharakenta | 2013-07-29 23:15 | 詩、歌詞
そんなに赤くない夕暮れを
鳥が六羽 どこかへ帰って行く

何をしにここへ来て
何をしにどこへ帰るの
明日も 明後日も

雲と鳥の遠近が全然わからなくなる
君がいないと鳥の名も知れない
[PR]
by yasuharakenta | 2013-07-28 21:28 | 詩、歌詞
説明不足の君が好き
名探偵になれるから
おかしいところが見つかると
笑いがおきるとこが好き

ルールって疑ってるけど
はみ出すとおもしろいからいいかな

ずっとずっと説明不足
ずっとずっと名探偵
きちんとなんてしなくていいよ
こまった顔の君がすき

説明不足の君が好き
ときどきどきっとさせるから
つじつまのあわない唐突な言葉が
いつまでも僕らを新しくする

変かなって悲しんでいるけど
そんな君もかわいくてごめんね

ずっとずっと説明不足
ずっとずっとドキドキさせて
身振り手振り教えてね
わらった顔の君がすき

ずっとずっと説明不足
ずっとずっと名探偵
もう上手に出来ているのに
こまった顔の君がすき
[PR]
by yasuharakenta | 2013-07-27 23:31 | 詩、歌詞
これは君が持っていってよ
俺はきっとすがっちゃうから
すがってもいいのにってそれ俺の台詞
君も大人になっちゃったなぁ

なんにもすごくなんかないのに
いつも一緒でうれしかった
君にだけ鈍感になってごめん
まだ気づいていないことあるんでしょ

世界的名作っていうのに
日本的名作っていわないのはとじてるからかな
日本の名作っていうとちょっとイメージ変わる
そんな仕掛けで騙されていいよ

俺、日本の名作になれんのかな
誰かに口遊んでもらえんのかな
知らない人に誇らしいなんて言われて
文句とか言いたいな

そんなのどうでもいいのにって
思わないでくれてありがとう
予定通りの予定調和を
あんなにいやがってたのにね

俺、日本の名作になれんのかな
誰かに気づいてもらえるんのかな
あの場所にいけば大丈夫だって
思っちゃうんだよ

雨とか降ったらそれらしかったかな
真っ青な晴れの中、さよなら
[PR]
by yasuharakenta | 2013-07-26 23:54 | 詩、歌詞
食べごろの果実をわざと潰して
そのまますべて拭きとった
自業自得と自作自演の交錯を
きゅうえんもなく続けていた

布に染み込んだ果汁は
もう食べごろでもなんでもない
手でそおっと拾いあげて
たれてくる汁を飲んだ

なにもせいさんされたりしない
わたしはうまれかわらない
でもこの地点がはじまりなんだと
今のわたしは思ったから
[PR]
by yasuharakenta | 2013-07-25 23:58 | 詩、歌詞
みずいろのうみべにすわって
なみのおとにとけていた

ざらざらのかんしょくが
いしきをもとにもどす

しゃつをぬぐ
すなをはらう

ほろほろとまう
こんなにたくさんのすな

そうかあるいてきただけで
たいへんだったんだ

かぜのふくせいにもしないで
よくがんばったね

いつまでものこるすなを
きにするのはやめた
[PR]
by yasuharakenta | 2013-07-24 23:59 | 詩、歌詞
なみのおとがけしきににじんでいくと
ほんとうのみずいろでびーだまのようになった

ここでなにかしゃべったら
ぼくのこえもにじんでとどいていくかな

うみのみずでおもくなったりょうほうのくつが
ぼくのうしろにあしあとをのこした

どうせたいようにかわいてきえる
だれもいないかいがんぞい

のーとのすなをはらったら
あたらしいのになるかな
[PR]
by yasuharakenta | 2013-07-23 23:37 | 詩、歌詞
かなしみの街をつうかして
ようやくたどりついた

たった一色だけのせかいでは
ぼくのからだは妙にカラフルだった

てのひらにめぐる血管
じんわりとうかぶ汗

なみの音がきこえる
かえりたくなっちゃったよ
[PR]
by yasuharakenta | 2013-07-22 23:12 | 詩、歌詞