<   2013年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

夜の暗闇にかなしみは
溶けていないよ

黒色も強い薬も
効いていないよ

解決策をしらないから
せめて誰かにいてほしい

そう思うならあなたが
誰かの解決策になれ
[PR]
by yasuharakenta | 2013-10-31 23:51 | 詩、歌詞


http://www.youtube.com/watch?v=7wKUZBWXp5U

ライブでのアンコールを公開します。新曲、再生。
聴きどころは初対面での親近感、そして機動力。
詩は、今までの中でもかなり手応えのある詩です。曲もです。

再生

ずっと何かに急かされているから
僕は生まれ変わりを信じていないのかもしれない

それでは
僕はあなたと
どこで会ってきたんだろう

つじつま合わせずにいこう
どっちもいいことにして
[PR]
by yasuharakenta | 2013-10-31 13:28 | 音楽
雨が落ちたらメロディになった
複雑な和音で泣いた

これ以上近づけないのに
もう離れられない

雨は繰り返し降るから
何度も回想されるミュージック

すべてが湿る雨の夜に
あっけらかんと晴れの歌

雨がいつまでも降るせいで
何度も回想されるミュージック

からりと晴れた朝だって
くちずさんじゃう雨の歌


COILのニューアルバム「15」発売です。
楽しみにしていてよかった。

[PR]
by yasuharakenta | 2013-10-30 22:45 | 詩、歌詞
物語の終わりを気にして君は涙ぐんだ
仕方がないねって今は言わない

食事の用意はしておくから
君はゆっくり泣いてていいのに

美味しい食べ物を一緒に準備して
涙も少し乾いたら

君に聞こえるだけの声で
言い聞かせる大丈夫 大丈夫

美味しい食べ物も全部消化して
会話も途切れたら

お楽しみはこれから
何にもない日のはじまり はじまり
[PR]
by yasuharakenta | 2013-10-29 20:48 | 詩、歌詞
数学の問題集みたいに
時間をかけていけば
君みたいに優しくなれるかな

笑わせ方をずっと
研究してきたのは
君を笑わせたくて

ただはじめから笑ってる
僕の必要のないみたいに

なのに君はふるふると
首を振ってずっと

しらない間に
僕を知っていてくれたから
だからしあわせ
[PR]
by yasuharakenta | 2013-10-28 23:25 | 詩、歌詞
星と星を結んで
君の所まで行けたらいいけど
何光年離れた星を結んでも
どうせ辿り着けないね

星より遠い気がして
私より近い気がして
イメージは行ったり来たりを重ねて
もう地球を制覇しちゃうよ

たとえばカレンダーの
細やかな法則を発見したって
誰にも教えずにいるから
世界は機会を得ないまま

星と星を結んで
君まで行けたらいいけど
偶然君も星を結んで
偶然会えたりしたらいいけど
[PR]
by yasuharakenta | 2013-10-27 18:31 | 詩、歌詞
燃え尽きてくれればいいのに
炎は一番痛むところで止んだ

強い傷がじゅくじゅくと熱くなる
傷口が何処にも触れないように生きていく

誰のせいにもしないよ
誰のせいにもしないよ

傷物になった自分を
愛すまでまだ時間がかかる

傷物になる前の自分も
そんなに愛していなかったから
[PR]
by yasuharakenta | 2013-10-26 17:37 | 詩、歌詞
なんでむしするのか
ちょっとよくわからないので
今日はもうねます
[PR]
by yasuharakenta | 2013-10-25 22:04 | 詩、歌詞
君との全てを記録して
丸ごと再生出来るくらいの時間が経った

数えたくないのに
ありったけの計算を駆使してさ

どうしてって聞いても
どうしてって僕が答えるだけ

君を閉じ込めたかった
だからなんだろうな

ひとりじゃないねって言ってくれた人は
いなくなっちゃったね

悲しくないねって言ってくれた人も
いなくなっちゃったね

どうしたって聞いても
どうしたって君のためだよ

君を理解しちゃった
だからなんだろうな

なのに誰かの心配をして
感謝されちゃって

不意に思い出して
また泣いちゃったね
[PR]
by yasuharakenta | 2013-10-24 22:41 | 詩、歌詞
お気に入りの服ばかりだめになって
いらない服ばかり残るわ

だめじゃないよと言ってもだめよ
ぼろぼろの私をあなたは好きになってくれる?

摩耗していく服
大事に洗ったのにな

着ないのが一番だとして
それはあんまりじゃない

私が服なら
どっちが幸せかな

いいえいつまでも
あなたにこっそり着ていてほしいわ

そうよいつまでも
あなたにひっそり触れていたいわ

だから優しくしていて
あなたにぴったり触れていたいわ
[PR]
by yasuharakenta | 2013-10-23 23:48 | 詩、歌詞