<   2014年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

水の上

飛んだのに落ちている

長い・・

水面に近くなる

恐怖が毎秒更新されていく

連続写真で見えない弧になれ

アンコントロール

そして

水に当たる

ばちゃん

その音ですべて消えた

しずんでいく

アンコントロール

けれど永遠にはしずまない

体勢が自ずと整う

浮かんでいく

そのとき

幾多の泡を見たんだ

そうか

あれは恐怖の残骸

そうか

これは水葬

音声が戻ったら

違う自分になれ


When I was diving into the water, I dropped unnecessary things I had had.




[PR]
by yasuharakenta | 2014-06-30 23:59 | 詩、歌詞
郵便屋さん
これじゃないやつ
くださいな

Hi, letter carrier.
Please give me another letter.
Do you have?




[PR]
by yasuharakenta | 2014-06-29 22:37 | 詩、歌詞
カフェと手帳に
時間は潰されない

聞こえる電車の音
世界中で人が移動してる

たぶん


Cafe and notebook couldn't affect time.
Suddenly I heard sounds of a train.
Then I thought people were moving through our world.
Maybe.




20140629 0951




[PR]
by yasuharakenta | 2014-06-28 09:51 | 詩、歌詞
決定的な言葉を
探していて

ぼくにのこる歴代の
決定的な言葉を起こしたら

決定的な言葉の決定権を
いつもその相手が持っていることを知った

ぼくにできるのは
精密に言葉を放つだけ

決めてくれよ
きみがぼくを決定づけてくれ


I had been looking for a absolute word to you,
so I remembered impressing words to me
and I understood that it is given persons that have the decision if it is impressing and absolute.
What I can do is to say wholehearted words.
Decide!



20140628 0123




[PR]
by yasuharakenta | 2014-06-27 01:23 | 詩、歌詞
部屋に次々と夜が訪れて
だんだん深海になる

白がないと本がよめない
白、探しにいかなきゃ


Nights come into my room one after another
and are making it like a deep sea.

I can't read books without white.
I must go somewhere to look for the white.




[PR]
by yasuharakenta | 2014-06-26 23:12 | 詩、歌詞
私を好きになったら
誰にもいってはいけないよ

一番最初に教えるのは
私でなくちゃいけないよ


If you love me, keep it secret.
Please tell me you earlier than anyone else.




[PR]
by yasuharakenta | 2014-06-25 23:19 | 詩、歌詞
こころのなかに
ちいさなわたしがいて
降る砂をずっと
眺めている

これがこころに
いっぱいになったら
わたしは
こまってしまう


心の内壁が乾いて
砂になって積もってく

心に住むちいさなわたし
砂に埋もれていってしまう

ねえ
おおきなわたし

その世界で
解決策をさがして


Sand falls throughout my heart and is burying small me.
It's beautiful but killing me.




[PR]
by yasuharakenta | 2014-06-24 23:15 | 詩、歌詞
見過ごすのって
難しいなあ

It's difficult for me to overlook.




[PR]
by yasuharakenta | 2014-06-23 23:47 | 詩、歌詞
おーい
しんだらその夢
永遠になっちゃうぞ

Think.
Your thought has been changing even now.
if you die, its change can't go on.




[PR]
by yasuharakenta | 2014-06-22 23:38 | 詩、歌詞
透明な朝
風の吹きさらす洗面台で
顔を洗う真似をする
見えないタオルで
顔を拭くのに
涙で濡れたまま


My town changed at that time.
At the spot our sink was
I made a gesture of washing my face.
With an towel you can't see
I wiped my face again and again.
But I couldn't wipe flowing tears.




[PR]
by yasuharakenta | 2014-06-21 22:57 | 詩、歌詞