<   2015年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧


何かを捨てるたび私
ひとつおばさんになるのかもしれない

だけどこだわりを脱いで
身軽になった私を

もう私は
止められないのだ

ふふふ
じゃあね




[PR]
by yasuharakenta | 2015-07-31 22:08 | 詩、歌詞

すごくおいしいけど
時間が経ったやつと

そこまではおいしくないけど
できたてすぐのやつと

どっちが
おいしいかなー。

さくさくの衣も
冷蔵しといてチンしたら

水っぽくなるよね
食べれるけどさ




[PR]
by yasuharakenta | 2015-07-30 23:26 | 詩、歌詞

絵も作文も
雑にかこうとしてる
小学生いない

彼らの森を
雑と呼ぶやつ知らん




[PR]
by yasuharakenta | 2015-07-29 22:58 | 詩、歌詞

池袋の駅から
徒歩13分のところに
外れると評判の占い師がいた

「お前なんで
 そんな仕事選んだんだって言われたから
 頭きて続けてやったわ」

「そのうち
 いい医者に会えるって言われたけど
 だめ医者ばかりだったわ」

「今の男なんか
 全然運命でもなんでもないって言われたから
 悔しくて結婚してやったわ」

池袋の駅から
徒歩13分のところに
外れると評判の占い師がいた

「あいつは
 今の仕事に文句つけたほうが
 がんばるって出たんや」

「あいつは
 だめ医者の多さに我慢ならんくなって
 自立するって出たんや」

「あいつは
 運命とかそんなんに任せたら
 だめになるって出たんや」

池袋の駅から
徒歩13分のところに
外れると評判の占い師がいた

「そしたら私
 あの頃よりずっと重要な役職
 任せられてるんだよ」

「だから私
 人に頼るのにはこりごりしちゃって
 自分でなんとかしちゃったよ」

「そしたら私
 小学校の時に思ってたお嫁さんより
 今しあわせだよ」

池袋の駅から
徒歩13分のところに
外れると評判の占い師がいた

「「「なんだあの占い師」」」


20150729 2239




[PR]
by yasuharakenta | 2015-07-28 22:39 | 詩、歌詞

このどっちもいいよというブログには
制作秘話と解説」というこっそり人気のコーナーがありました。
ブログは更新すればするほど、前の詩がどんどん後ろへ行ってしまいます。
その詩にライトを当てるような気持ちで始めたコーナーです。

今は毎日詩を書いているので、新しい解説は書かないつもりでいました。
5篇1解説でやっていたのですが、それでは1週間分にもなりません。
前のを振り返るより、見たことない詩が出てくる方に興味が移っていました。

けれど当時書きためていた原稿と読みたいという声もあるので、
そういうのを一気に消化しようと思います。

それでは張り切って、どうぞ!
(張り切るのは俺でした!)


制作秘話と解説、本編!
[PR]

冷蔵庫に入れといたけど
だめになっちゃったよ

じゅくじゅくになってさ
見るからにだめだよ

あのまま時間を
止めようとしたんだ

生きているから
みずみずしかったんだね




[PR]
by yasuharakenta | 2015-07-27 23:44 | 詩、歌詞

軽飛行機が民家につっこんだ
数人が怪我をして数人が死んだ
緊急ニュースはその事実を伝えた
事実を伝えて終わった

数百人乗りの飛行機だったら
緊急ニュースは終わらなかった
束にならないはずの命が
数字と時間で束になる

あと何十人死んだら
満足できるニュースになった
あと何人死んだら
俺はこの詩を書けなかった

誰が死ねば
君は涙を流すんだ


20150727 1614




[PR]
by yasuharakenta | 2015-07-26 16:14 | 詩、歌詞

ショッピングモールにきても
何も買いたくない人もいるんだよ


20150727 1520




[PR]
by yasuharakenta | 2015-07-25 15:20 | 詩、歌詞

まるで夏じゃんと思ったら夏だった





[PR]
by yasuharakenta | 2015-07-24 23:21 | 詩、歌詞

インターネットなら
どこからでも届くってさ

どこからも
届いてないのに


20150724 2311




[PR]
by yasuharakenta | 2015-07-23 23:11 | 詩、歌詞