<   2016年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧


誰も見ていないすきに
学校の授業中に
青空の青を
一枚剥がしてみた

音のならないよう
きれいに剥がれるよう
静かに左手の
親指と中指で

薄い薄い透明な青は
空から剥がれて
私の手元に包まった

だけど空の青さは変わらない
誰もそれに気がつかない

そして空は
空は私に

「気にするなよ」

と言った


20170419 0008




[PR]
by yasuharakenta | 2016-11-30 00:08 | 詩、歌詞

おじさんのくせに
ヤマハ音楽教室に通って
サックスを習い始めて
かっこよすぎじゃん

家族に煙たがられて
下手なのが自分でも分かってて
だけど楽しいからやめなくて
かっこよすぎじゃん


20170417 2350




[PR]
by yasuharakenta | 2016-11-29 23:50 | 詩、歌詞

あなたがいない世界がよかった
生きているだけで迷子みたいだもん
見えているのに見つからなくて
そのうち失って泣いてしまうの

ねえ嘘 嘘だよ
わたしのいない世界がよかった?

爆音で鳴らすは思考を遮るため
いっそ音楽に入ってしまいたい
君が見つからないならいっそ
わたしをも見失ってしまおうよ

ねえ本当 本当だよ
わたしもあなたもいる世界だよ

かなしくて うれしい
あなたもわたしもいる世界だよ


20170417 2336




[PR]
by yasuharakenta | 2016-11-28 23:36 | 詩、歌詞

手紙を書こうよ
60点でいいから

渡さないまま
未来の君に添削させたら
全部書き換えられちゃうよ

今の君のフルパワーで
大切な人くらい泣かせようよ


20170415 2338




[PR]
by yasuharakenta | 2016-11-27 23:38 | 詩、歌詞

乗り越えなくていいよその壁は
君が用意したわけでもあるまい
しなくちゃいけないものは大抵
埃をかぶった気のせいたちだ

立ち直らなくていいよ
落ち込んだままでいいよ
君が決めるまで無期限でずっと

海の方まで散歩しようか
月の方までドライブしようか
ラジオで生きてる人の声を聞きながら
時々ボリュウムオフにして

打ち勝たなくていいよその過去は
君は負けたわけでもあるまい
大きな虹がかかったら立ち止まって
眺めてみるのが正解だよ

生き直さなくていいよ
死んだようでもいいよ
他人が見えるまで無期限でずっと

僕の家まで散歩しようか
星の傍までドライブしようか
ラジオで流れる誰かの新曲を聞きながら
時々覚えて歌ったりして


20170415 2325




[PR]
by yasuharakenta | 2016-11-26 23:25 | 詩、歌詞

君を守ると決めたけど
手を離さないと決めたけど

決意だけが残って
約束だけが残って

行き場がないよ
紙のない文字みたいにね


20170413 2347




[PR]
by yasuharakenta | 2016-11-25 23:47 | 詩、歌詞

ハワイアンがみんな幸せなわけじゃないよ
社長が全員幸せなわけじゃないよ

つまり不幸なのは
君が何か未満だからじゃない

そこんとこが分かったらまた来なさい
そこんとこが分かったら来なくて平気になるはずだけどね


20170413 2333




[PR]
by yasuharakenta | 2016-11-24 23:33 | 詩、歌詞

あなたの横顔が好きだから
ずっと前を見ていてほしかった
だけどあなたはこっちを向いて
私はやっぱり恋に落ちた

横顔だけでよかったのに
ずっとずっと欲張りになった
もはやあなたになってしまいたかった

朝と昼と夜は
交代交代でいいな
私はずっと
あなたが好きだよ

太陽と月は
交代交代でいいな
私は寝てても
あなたが好きだよ


20170412 2332




[PR]
by yasuharakenta | 2016-11-23 23:32 | 詩、歌詞

たのしいのにしかられて
つまらないのにほめられる
おとなのるーるはまぎゃくのるーるだ

かんたんなことをしただけで
はくしゅなんてしないで
おとなのるーるでさいてんしないで

くものながれがおもしろかったら
ときどきでいいから
こどものるーるでいっしょにみよう?


20170412 2315




[PR]
by yasuharakenta | 2016-11-22 23:15 | 詩、歌詞

前の声が良いと言われても
私はずっと歌ってるから
思い出したら帰ってきてね

前の曲が良いと言われても
私も色々あったんだ(君と同じね)
でもいつかはそうだね

狙ったのが外れたり外したのが当たったり
計算通りにはいかないさ だって君たちわがままじゃない
そう私だってわがまままったく変わらない

だから信じて愛していて
私も見えない君を信じて放つのさ
だって似たもの同士じゃない

次の曲が良くても知らないよ
私はずっと歌ってるんだから
思い出して帰ってきてね


20170411 2132




[PR]
by yasuharakenta | 2016-11-21 21:32 | 詩、歌詞