<   2017年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧


誰かが作った愛の歌で
告白されても全然いいのだ
だって本当の愛の雫を
その人は飲んだんでしょう

だって世の中は
誰かが作ったものばかり

誰かが作った家に住んで
誰かが作った本を読んで
誰かが作ったお米を食べて
誰かが作った橋を渡るの

君も私も作られたもの
変化のきっかけさえ戴きもの
命をかけて反発しても
大きな波には敵わない

誰かが書いた愛の歌詞が
ラブレターに使われても全然いいのだ
だって本当の愛の雫を
その人は飲んだんでしょう


20170522 2322




[PR]
by yasuharakenta | 2017-01-31 23:22 | 詩、歌詞

おじいさんとおばあさんになっても
ずっと仲良しでいようね
それはなんか想像できる
たぶん存在しない永遠を感じられるのと似てる

おじいさんとおばあさんになるまえに
おじさんとおばさんになるよ
それはなんか想像できない
でもそれはたった10年20年先の話

肌が乾燥していって
髪が後退していって
近くが見えにくくなってって
くだらない口喧嘩して

おじいさんとおばあさんになるまえに
おじさんとおばさんになるよ
煌めきのような若さは蒸発していって
つまらないと思ってたものになるよ
だけど生きてくよ

10年後はまだ意地張って
20年後はいい加減諦めて
30年後は肩の力が抜けるよ
40年後は海外旅行でも行こう

そして

おじいさんとおばあさんになっても
ずっと仲良しでいようね
あなたがおばさんでもおばあさんでもしんじゃっても
ぼくはずっとあなたが好きだよ


20170521 0050




[PR]
by yasuharakenta | 2017-01-30 00:50 | 詩、歌詞

せわしく進んでいくはずの
終電近くの埼京線を降りた人の列が
階段でなぜか途端にゆったりになった

覗きこむように前のほうを見ると
その列の先頭にカップルがいた
杖をついて、盲導犬を連れた

つまり僕らは盲導犬を先頭にして
降車後のパレードをしていたのだった

スローで安らかなテンポを
みんなでまばらに刻んでいた

改札をくぐるまでの短い短いパレード
解散しても元気でね


20170521 0026




[PR]
by yasuharakenta | 2017-01-29 00:26 | 詩、歌詞

象がアフリカで
マジで生きているときに
私は満員電車に揺られて
着すぎたことを後悔してる

鷲が山奥を
マジで飛んでいるときに
私は知人と居酒屋で
金を払って飯を喰う

私が寝ている
そんなに遠くないところで
ライオンが獲物を探している

私が飽きている
そんなに遠くないところで
ガゼルの群れが逃げている

それは同じ世界の話
それはこの地上での話
この世界で一緒に生きてる
たぶんだけど一緒に

この世界で一緒に生きてる
たぶんだから友達

今も象がアフリカで
マジで生きている


20170520 0027




[PR]
by yasuharakenta | 2017-01-28 00:27 | 詩、歌詞

君の名前思い出すの
もう面倒くさいや
食器洗ったり洗濯物畳むのと
同じくらい面倒くさい

君は変身しちゃったから
同じ名前でも別の姿だから
僕を上手に避けて生活する
悪の子になっちゃったから

僕も悪だから
ほんとは仲良くできるのにな

君の名前思い出すの
もう面倒くさいや
爪切ったり風呂入ったりするのと
同じくらい面倒くさい


20170520 0014




[PR]
by yasuharakenta | 2017-01-27 00:14 | 詩、歌詞

大好きだよ
一生大好き
ううん死んじゃっても好きだから
三生は大好き
四生以降はわからないけど

だけどね
だけどね私の好きな人
二生も三生もあるからって
安心してどこかへいかないで

一生一緒にいようね
二生目遅らせようね


20170519 0209




[PR]
by yasuharakenta | 2017-01-26 02:09 | 詩、歌詞

パーティがあるわけでもなし
僕ら同じ電車に乗ってどこまで行くんだろう

来た場所もちがうけど
名前も知らないけど

降りていくなよおじさん
降りていかないでよお姉さん

いっそのことパーティしようか
次の駅でみんな降りてカラオケか居酒屋で


20170519 0158




[PR]
by yasuharakenta | 2017-01-25 01:58 | 詩、歌詞

ほら
見たこともない星空だよ
君もきっと見たことないやつだよ


20170517 2359




[PR]
by yasuharakenta | 2017-01-24 23:59 | 詩、歌詞

仕事の資料も
読みかけの小説も置いてきたから
仕方なくオンにしたミュージックプレイヤーで
1曲目に聞いた何百回も聞いた曲の
2行目の歌詞で泣いた
電車の中なのに

いつもそうだけど 毎度そうだけど
すべてのことを一度に気づくことはできない
分かってあげられない

だから音楽は だから音楽は
何度も再生できるようになっているんだね
何度でも失敗していいように


20170517 2355




[PR]
by yasuharakenta | 2017-01-23 23:55 | 詩、歌詞

馴染んでないのは
ぼくがいちばんわかってる

仲良くしたいけど
ほんとだけど
やりかた、わかんねえんだ

好かれてないのは
ぼくがいちばんわかってる

やりかた、
わかんねえんだ


20170517 0107





[PR]
by yasuharakenta | 2017-01-22 01:07 | 詩、歌詞