<   2017年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧


憧れが飛び立って
僕には何にもなくなった

ファミレスでそう
愚痴をこぼしたら

やっと縛りが
なくなったのねと

君は少し
笑って言った


20170810 0037




[PR]
by yasuharakenta | 2017-05-31 00:37 | 詩、歌詞

おみやげってぼったくりだよな
そう思いながら
君へのおみやげを選ぶ


20170809 0227




[PR]
by yasuharakenta | 2017-05-30 02:27 | 詩、歌詞

お別れの気配が
世界の気孔から溢れてく
止められないお別れまで
3・2・1

過去の僕を責める君
今の君を責める僕
これじゃうまくいかないか
3・2・1

ありがとうも
さよならも
いらないいらないいらない
ありふれたお別れに
したくないから

ありがとうも
さよならも
いいたくないいいたくない
だけどありがとうしか
でてこなかった


20170809 0207




[PR]
by yasuharakenta | 2017-05-29 02:07 | 詩、歌詞

頼るとこは別にないな
いつもひとりきり
美術館のチケットも買えるし
ひとりファミレスもできるし

システムは完璧
誰の手も借りずに生きられちゃうから
話す機会なくなっちゃって
超つまんないぜ

そうか誰かと話したいのか
昨日も今日もそうだったのか
そうか誰かと話したいのか
そうかひとりは寂しかったか

頼る必要は特にないな
だからひとりきり
インターネットが苦手だったら
誰かに質問できたのに


20170809 0200




[PR]
by yasuharakenta | 2017-05-28 02:00 | 詩、歌詞

洗濯機が止まるまで
することがなくなって

柄にもなく昼からビールを
飲んでみたりしました

サンダルを履いて小さなベランダで
そしたら人の歩く音が聞こえて

なんだか悪くな(あ、
ひとりだとすぐ飲み終わっちゃうな)


20170807 0028




[PR]
by yasuharakenta | 2017-05-27 00:28 | 詩、歌詞

辛くなったら
アフリカを歩くゾウを思う

寂しくても寂しくなくても
ゾウはただ歩いていく

そして私に言ってくれる
「そんなとこで生きるのも大変だね」

そして私は返事をする
「そっちもなかなか大変ね」


20170807 0010




[PR]
by yasuharakenta | 2017-05-26 00:10 | 詩、歌詞

心はうちのめされてしまって
ベッドの上に浮いて
自然治癒を待っている状態です

ぎりぎりのちからで
ご飯を食べてトイレに行って
テレビのリモコンをいじります

君がいれば2倍早く治るけど
君がいないので1/2の速度です
これからこれを1にしなきゃね

心はうちのめされてしまって
たとえ明日死ぬとしたって
とりあえずちょっと動けない状況です

味方がいなくても信念はあるけど
味方がいないのは楽ではないね
治ったらもっと柔らかくなるんだ


20170806 2350




[PR]
by yasuharakenta | 2017-05-25 23:50 | 詩、歌詞

桜の花がとてもきれい
花びらが舞って川に落ちていくよ

日本はどこでも咲いてるからさ
君もどこかで別の桜を見てるでしょう

春でも夏でも会いたかったな
どうして徐々に嫌いになってくれなかったの

会えない分だけ会いたくなります
花びらは落ちてどこか流されていくよ


20170804 2257




[PR]
by yasuharakenta | 2017-05-24 22:57 | 詩、歌詞

しあわせないや
なれたらふつう
ふつうはつまらぬ
だからつまらぬ

ともだちないや
なれたらふつう
ふつうはつまらぬ
だからつまらぬ

ともだちもしあわせも
なかったひとにおとずれてみろ
だいじにしすぎて
きっとすぐになくすさ

ななじゅうおくの
なぜだかひとり
ひとりはつまらぬ
なにもつまらぬ


20170803 0018




[PR]
by yasuharakenta | 2017-05-23 00:18 | 詩、歌詞

失恋なんて
死んだ人も含めたら
100億人がしてきたと思うんだけど

そんなありふれたできごとは
こんなに苦しいんだね
同じ車両に乗るみんな失恋したことあるのかよ

そんな強く生きられないよ
たべものの味がしないよ
小説なんか読めないよ

電気屋にいるみたい
色がぜんぶ真っ白になっちゃって
そうか君が色だったんだ


20170803 0009




[PR]
by yasuharakenta | 2017-05-22 00:09 | 詩、歌詞