<   2017年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧


インターネットをしながら
あなたは無精髭の生えた顎を手に乗せていたので
「ちょっと見せて」と腕を引き寄せた

人差し指と中指の間に大きな毛穴のようなポツポツがあって
私には一生作れないその穴を見てやっぱりってなんだか思った

あなたはEvernote上に自分で書いたメモをスクロールしながら
手前の紙に何か手書きでメモをしているようだった
心を覗き見するような気持ち悪さがあるのであまり見ないようにした

「四角ばっかだと効率はいいけどたぶん疲れちゃうんだよね」
パソコンを閉じてあなたは結論だけ言う

私はどんな形に見えてる? 聞いていいのか迷ってたら
「◯とか△とか□とかぐにゃぐにゃとかカチカチとか色々あったり時々変わったりがいいんだよ」
って言いながらお腹のあたりを抱きしめてくるからかわいいなこのやろーって思った


20171202 1216




[PR]
by yasuharakenta | 2017-10-31 12:16 | 詩、歌詞

遠くで過ごすあなたへ

あのときはありがとう
あのときを感謝していますと言うと
まるでお別れみたいに聞こえるので
それは言いませんが

あのときからずっと
会わなくなってもずっと
あなたが心に住んでいます
それはそれは心強いことです

あなたはあれから
僕の知らない生活で
性格や考え方や好みも
ちょっとずつ変わっていったでしょう

だからここにいるあなたは
あなたとは別人
だけどあなたとしか言えない
超大好き

手紙もメールも送りません
電話もかけません
でもいつでもすっごく会いたい人がいる
その心強さがあなたにもあるかな

こうして独り言を書いても
有名人じゃないから発見されません
でも本当に想ってるって
なんだか可視化したくて

面白い話たくさんあるの
好きな映画も本も増えたの
聞けなくて悔しいでしょ
知ってるんだから


20171202 0053




[PR]
by yasuharakenta | 2017-10-30 00:53 | 詩、歌詞

君のこと忘れたことないよ
1年に1度くらい思い出すもの

こっちは幸せでやってるよ
そんなに不幸じゃないからたぶんそうだよ

俳優やミュージシャンじゃないから
君になにかを届けないよ

あのなんとなくのおわかれが
宇宙でさいごのお別れ


20171202 0038




[PR]
by yasuharakenta | 2017-10-29 00:38 | 詩、歌詞

新しかった洗濯機が
こんなになるまで

今日までここで
暮らしてきたのね

あんなに乱雑に
投げあったこのハートは

触れてはいけない
展示品だった

目に入れても
痛くない互いの名前を

聞きたくなくなるほど
そんなに嫌だった?


20171202 0030




[PR]
by yasuharakenta | 2017-10-28 00:30 | 詩、歌詞

恋愛に次ぐ恋愛
すり減ってすり減って
ようやくどうでもよくなった

十数年無視した
自分自身の心に
陽が当たるベランダで水をあげるのだ


20171128 0544




[PR]
by yasuharakenta | 2017-10-27 05:44 | 詩、歌詞

さらばと言った3秒後に会おう
何度でも何度でも何度でも再生するぞ


20171128 0527




[PR]
by yasuharakenta | 2017-10-26 05:27 | 詩、歌詞

私は
できるなら
ピアノ一本で歌ってみたい

スタンドマイクで
誰かの伴奏で
熱唱してみたい

観衆に
どうせなら
沸いてほしい

へたでも
うるさくても
一曲くらいいいだろう

どうってことない夢だけど
叶わないで死ぬだろう
私の夢


20171128 0518




[PR]
by yasuharakenta | 2017-10-25 05:18 | 詩、歌詞

① 似てるものと似てないものを分けてください
② その境界に紐を置いてください
③ 条件を変えてその境界紐を動かしてみましょう
④ ほらね世界なんて見方次第


20171126 0902




[PR]
by yasuharakenta | 2017-10-24 09:02 | 詩、歌詞

あなたがしんだら
わたしはこっそり
あなたのにくをたべるかもしれない

できなければ
どこもこわしてないのに
ぞうきいしょくをたのむかもしれない

かなわなければ
かそうばのちいさなへやに
こっそりいっしょにはいるかもしれない

けっきょく
こわくなって
ぜんぶできないかもしれない

だけど
こわくなければ
してしまうかもしれない

あなたのきおくだけじゃ
とうていわたしは
いきていけるきがしない

あなたがいてくれるなら
わたしはどこだって
こわくないんだから


20171126 0842




[PR]
by yasuharakenta | 2017-10-23 08:42 | 詩、歌詞

今度こそはってジャンプしたけど
また踏み切りに失敗して足をくじいた
その上気が動転して着地まで失敗して
滑るように転んで頭を打った

こんなだめだめな自分
どうせなら記憶をなくしちゃえばよかったんだ
ちょっと前まで「何かいいことが」って思ってたのに
気づいたら「何か悪いことでも」と思ってる

あーだめだめだー
だめだめったらだめだめだー
だっだめだめだっだっだっだだー
だだだだだじゃじゃーんぺんぺろりー

あーだめだめだー
だんだんだめだめすぐだめだー
ばっかあっほまぬけのだめだめだー
てんててんてだーめだーめじゅんちゃどんちゃらーん


20171126 0820




[PR]
by yasuharakenta | 2017-10-22 08:20 | 詩、歌詞