もうすぐ春だねって
まだ8月だよって
気が早いなぁって
笑ったりして

わからなくなるって
なんのことって
よくわかんないって
泣いたりして

自分の不器用さなんて
どうにかしちゃうよ
あなたのためなら

今こんな気持ちって
どうして分かるのって
そりゃあ分かるよって
笑われたりして

桜は咲くかなって
もう5月だよって
うんそうだけどさって
悲しんだりして

自分の器用さなんて
いくらでもすてるよ
あなたのためなら
[PR]
# by yasuharakenta | 2012-02-02 02:36 | 詩、歌詞
感情は心に存在しない
心臓を抜いても
貴方が死んでも
感情は無くならない

あんなに誰かを嫌ったことも
こんなに誰かを好いたことも
美味しいなぁって思ったことも
全部無くならない

感情は大気の構成要素
貴方が生んだ感情は
ずっとずっと長い間
生物の間を行ったり来たりする

感情は無くならない
感情を消せはしない
後悔は先に立たないから
気をつけなくちゃね

それでは さよなら
いつかどこかで会えるね
感情は大気の構成要素
必ず届くと信じていて
[PR]
# by yasuharakenta | 2012-02-01 22:57 | 詩、歌詞
滞る全てのものを動かさなくても
どこまでだって進んでいける
昨日の自分を超える自信がなくても
笑いながら生きたっていい

だって唄うこともできる
だって話すこともできる

音を外しても拾ってあげるよ
まあ、それなりに行こうぜ

怠慢なあれこれを気にしながらでも
速度を変えずに進んでいける
不意に思い出して悲しくなっても
丸ごと抱えて生きてっていい

だって作ることもできる
だって渡すこともできる

合わない色も合わせてみせるよ
ほら、大丈夫だからさ

落第点でも合格あげるよ
まあ、楽しく行こうぜ
[PR]
# by yasuharakenta | 2012-01-25 20:23 | 詩、歌詞
最近夢は覚えてないけど
大体の内容はわかってる
昨日の読み掛けの本を閉じたら
今日は上手に起きれたよ

洋服はいつものでいいや
でもなぜか下着に迷って
姿見にあわせて考えてたら
朝食は軽めにしなくちゃならなくなった

行きのバスまでは雨が降っていて
乗ったら傘が隣の人に触れた気がした
ごめんなさいって言ったけど
いやそうな顔をしてたから聞こえてなかったかもしれない

雨の日のバスは苦手なの
覚えてるかな

このバスは何処行きのバスだろう
なんて本当は知ってるよ
途中で乗り換えなくちゃいけない
ここからじゃあなたに声が届かないから


日中のわたしときたら絶好調で
なんだかすべてが上手にいった
答え合わせをセルフですると
すべてという単語に×がついた

少し豪華目のコンビニ弁当は
値段のわりに量が少ない
390のスタミナ弁当にすればよかったな
スタミナがないとね

帰りは夕焼けがきれいだったから
ステップでステップを踏んでまた人にぶつかった
ごめんなさいって言ったら
今度は周りのみんなを振り向かせた

ひとりでバランスとるのは難しいよ
ごめんね

浮かんだ心の置き場所はどこだろう
なんて本当にしらないよ
別にどこでもいいのかもしれない
今だってあなたの声が聞こえたから

浮かぶ心なら
どこまでもいけるね

あなたならそういう気がして
[PR]
# by yasuharakenta | 2012-01-17 02:38 | 詩、歌詞
ずっと前のことが
今よりずっとずっと前のことになったら
僕はどうしよう

少し残る記憶が
今よりずっとずっと少しだけになったら
僕はどうしたらいいかな

充実ってなんだろう
日々は重なるのに薄まるばかり
限りなく0に近づいて
そのうちなんにも、なくなる

あなたとの出会いは
幾つかの新しいのでにじんでいっちゃう
痛みはまだ此処炉に在るのに

悲しい気持ちのばかですから
今はなんにも言わないでね
本当はぜんぶ、分かってるから
[PR]
# by yasuharakenta | 2012-01-03 20:12 | 詩、歌詞
I love you, too.
[PR]
# by yasuharakenta | 2012-01-01 22:16 | 詩、歌詞
何何何って聞かないで
今考えているのだからね
嘘嘘嘘って言わないで
図星じゃないって 本当だって

逆らわないって言っておく
その言葉がすでにナイフ
ナイフケースは何処かしら
その呼び名は合ってるかしら

苛苛苛って言わないで
口にするものではないよ
赤青黄ってなんのこと
この世界かな あ、信号

戸惑わないって言っておく
その言葉がすでに揺らぎ
揺らぎケースは何処かしら
そんなのないって笑ってね

愛愛愛って聞かないで
今考えているのだからね
嘘嘘嘘って言わないで
笑ってないよ 本当だって
[PR]
# by yasuharakenta | 2011-12-19 02:43 | 詩、歌詞
あなたが見つけてくれた夜
不思議なことを考えていた
私やあなたが生まれたとき
地球の誕生は46億年前で
私やあなたが消えてしまう頃も
それは46億年だということ

四捨五入すら物足りない
私たちの今は切り捨てられる端数なのかな
こんなに素敵な夜なのに
うれしくて、抱きつけるような自分であれたらよかった
あなたに届く最大の言葉って
いったいなんだろう

自分、が消えてしまう恐怖
あなた、を消さないという決意
その決意、すら消えてしまう運命

どうにかならないかな
滅びていても届く星の光さえ
いつかは消えてしまう

私たちの人生が端数だとしても
端数でないものを答えることはできない
こういったきらめきやこういったささくれが
積み重なって 私になり あなたになり
こういった私やこういったあなたが
積み重なって 宇宙になり‥その先は、なんなんだろうね

もう少し一緒にいよう
それしか言えることがない
あなたが私になっていくのとおんなじように
こういった私は、あなたになっていくのかなぁ
ふいに泣きそうになる理由をいつか知ってみたい
もう少し、一緒にいたい
[PR]
# by yasuharakenta | 2011-12-12 02:44 | 詩、歌詞
朝からおはよう!
実はファンのいるこのコーナー。
(コーナーってところがいいだろー? by ラーメンズ)
制作秘話と解説、第4回です!

more!
[PR]
ちょっと!どんどんいきますよ!
制作秘話と解説第3回目!

more!
[PR]