「10.26」


捨てるために残した記録には 何の愛着もないのさ
その記録のダンボール全部 本当に焼いたっていい

捨てられない選べない だから恋人もふらふらで
中途半端なことしてると 何も話せなくなるぞ

強い記憶はどうせ残るさ 残さなくても
全部欲しがらないのがいい 淘汰させな

長過ぎるダイアリー 使わないケーブル
多過ぎるブルーレイ 散らばるメモ用紙

枯れるのが怖いから 残したくなる
だけど今が動作しなければ 生身が廃るじゃん

弱い記憶に愛を注ぐと 時間と記憶に傷がつく
全部欲しがってると 全部消えるぞ

強い記憶はどうせ残るさ 残さなくても
個性は記憶の 仕方に出るから


20151029 2304




by yasuharakenta | 2015-10-26 23:04 | 詩、歌詞