「Stop」


職人の手作業のように薄い
低く巨大な月だ
彼女が壁に飾り付けしたみたいな角度で
紺色の未熟な夜に綺麗な黄色

約束もないから
帰らなくていいよ

自転車を止めて
動きと止めて
時間を止めて
息を止めて

だけど抗えない
超高速で動いてる僕らだもの
約束もないけど
もう帰るから


20171222 0056




[PR]
by yasuharakenta | 2017-11-18 00:56 | 詩、歌詞