「この前のこと」


この前、いとこの健介が東京に遊びにきました。
健介はぼくの年下で8才なので、ぼくがしっかりしました。
電車(とくに地下鉄)にはじめて乗る健介と手をつないで「大丈夫だからね」とぼくは言いました。
だけど本当はぼくもひとりで(ふたりでだけど)電車に乗ったのはそんなになかったのでどきどきしました。
でも着きました。電車は乗れればはやいです。

着いたのはトイザらスというおもちゃやさんです。
(トイザらスのらはひらがななのでちゅうい!)
健介の家のちかくにはトイザらスがないので行きました。
14才のぼくでも、身長より高くにおもちゃがたくさんあるのがはくりょくがあります。
8才の健介はもっとだと思いました。
だけどそれよりもおもちゃがたくさんあるのがうれしかったです。
ぼくと健介はおかあさんとおばさんから1000円ずつもらっていたので、その中でかいものをします。
健介はさいしょドラゴンボールのカードセットがほしいと言ったけど、それは1000円だったので、
「それだけだとそれだけになっちゃうからべつのにしてほかのといっしょのほうがいい」とぼくは言いました。
健介とぼくはいっしょにまわりました。
本当はべつのところも見たかったけど、おかあさんに「迷子にしたらお前の責任」と言われていたので、ずっと手をつないで見ました。
汗をかくので、ときどき反対側にしました。

けっきょく、健介は600円のトランプと400円のキーホルダーにしました。
トランプはうちにあるんじゃない?と思ったけど、健介がほしいならいいかと思いました。
消費税のぶんはぼくのから出しました。
ぼくはおこづかいももってきていたので、あわせて1600円のカードゲームを買いました。
レジのうしろに30円のガムがあったので、それをふたりでたべました。
健介には「あまったお金でこれを買おう」と言ったので、健介は
「ちょっとお金があまるとこれが変えるから便利だね」と言いました。
ぼくは「それはお店のさくせんだよ」と言いました。

帰りの電車までの道は、行きと景色がちがうのでちょっと迷いかけました。
でも着きました。電車じたいにはもう迷いませんでした。
すぐぼくの駅について、そこからはいつもの道なので大丈夫です。
家に着いておかあさんとおばさんに何を買ったか言ったら、おかあさんは「これ高くない?」と言ったので、
「おこづかいもってったから」と言ったら不服そうな顔をしていました。

ぼくたちはすぐカードをひろげて、健介のトランプとあわせて、健介のトランプがでたら「はい!」というゲームをやりました。
おしまい。


20180306 0723




[PR]
by yasuharakenta | 2018-01-14 07:23 | 詩、歌詞