「sympathyのスイッチ」


何百回もがんばったのに
使えなくなったと捨てられる充電池に
急に感情移入するようになって

そうしたら周りのゴミとかにも
sympathyのスイッチがオンになって
とってもつらくなった

感情を大きく引きずると
とってもつらくなった
なるほどだからみんな感情を捨てるのね

心が痛んでも生活を変えられないから心のほうを変えるのね
つらいの反対がしあわせだとは
だれにも教わっていないのに


20180418 0121




[PR]
by yasuharakenta | 2018-02-03 01:21 | 詩、歌詞