「AならばBがいい」


スマートフォンの青い光に
弾き返されるような日曜日
見えないパンチなんてくらわなければいいけど
くらってしまってからではもう遅い

ため息が部屋に充満する
でもね換気しても何も変わんない

落ち込むなら君の胸がいい
喋れなくなるなら君の横がいい
支えてもらった分だけ支えるねって言って
そうならないのは足りなかったか 十分すぎたか

コンビニの明るい光に
泣きそうになってしまうもう月曜日
品出しをしてるだけの店員さん僕が二万円分くらい買ったら
パーティか何かですかって話しかけてくれる?


20181106 2354




[PR]
by yasuharakenta | 2018-11-01 23:54 | 詩、歌詞