2018年 10月 12日 ( 1 )


疑わない私だったらもっと可愛かった?
生きてるだけでいいと思った赤ちゃんが憎たらしい口をきいて腹が立つことも増えたでしょう
周りの大人が言うようにいつかは分かるのかもしれない
でもまだいつかじゃないってこと

愛しているからというのが響いたことがない
愛しているという言葉は理由で使うものじゃない
でもそれが確かに愛だとするなら愛だらけのセーターを脱ぎたくなる
そういうこともあるってこと

そういう時期が来たんだねとも
はなから感謝をされるのも気持ち悪いじゃないかとも言わないでほしい
あえて言うなら私が怒る理由を考えてほしい
ただ同じ場所にいるんだよってこと


20181016 2357




[PR]
by yasuharakenta | 2018-10-12 23:57 | 詩、歌詞