カテゴリ:詩、歌詞( 1962 )


換気扇が集音してるみたいに
雨音と雷の音を流して
水を飲みに来ただけの私を立ち止まらせる

ほんとだ
外はすごい雨だね

台所に戻って
水を飲んだらそのまま少し
そこから少し
雨の窓を見ていた




[PR]
by yasuharakenta | 2018-08-13 21:19 | 詩、歌詞

誰か私を操作して
wifiとBluetoothをオフにして
マイクもスピーカーもオフにして

だってだって
孤独はいつだって真後ろにあったのに
こういうことしてたから
孤独に耐えられなくなるんだよ

誰か私を操作して
現在の関係性からログアウトさせて
言葉も喋れなくなった私に
一から教えて


20180813 2055




[PR]
by yasuharakenta | 2018-08-12 20:55 | 詩、歌詞

非公開アカウントにしてるわけでもないのに
ぼくのツイッターは今日も静かだ

ぼくがなにをいっても
なにをのせても

大きな公園でひとり
大声をあげているのに
無視されてるみたい

興味をひきたくて
愛されたくて
悪いことしちゃう人のきもちもわかる

送信ボタンを押したら
ずっと静かだよ
ぼくはなにを送ったんだろう


20180813 2015




[PR]
by yasuharakenta | 2018-08-11 20:15 | 詩、歌詞

どうしてなんでは言っちゃいけない
めんどくさいと思われたら好かれなくなるから
悲しくて辛くても待ってなくちゃいけない
未読のままのLINE、何度も開いた

好きだから 面倒なことしたくないのに
好きだから 面倒なこと言ってしまう

冷たくされてもカウントしないで
好きになった瞬間のことばかり思い出す
突然告白したくなっても待ってなくちゃいけない
未読のままのLINE、何度も開いた




[PR]
by yasuharakenta | 2018-08-10 23:31 | 詩、歌詞

目を瞑ってお祈りをすると
思考はふらついていることに気づく
目で見ていると気がつかないけど
これが私の正体だと思う

不安定なので当然
というより安定に見せていただけ
不安定なのが自然
元々名前もなかった現象

目を瞑ってお祈りをすると
思考はふらついていることに気づく
あなたのためのお祈りでさえ
私は別のとこに行ってしまう




[PR]
by yasuharakenta | 2018-08-09 08:05 | 詩、歌詞

悩んでる君が
愛おしくて
笑っちゃう僕に
君は不満げ

正解がないと知りながら
それでも最適解を出そうと藻掻く
悩むのは面倒なことと知りながら
それでも放り出さないで悩む

君より素敵な人をしらない
手を握りたくなってごめん
君のかわりにはなれないけど
手をつないで容量を増やすよ




[PR]
by yasuharakenta | 2018-08-08 23:59 | 詩、歌詞

mp4は動画
mp3は音声
それならmp2は写真?
じゃあmp1は?

mp1はここ現実
0でねえ抱きしめて




[PR]
by yasuharakenta | 2018-08-07 23:57 | 詩、歌詞

キャンパスノートに
なにげなく日記をつけはじめて
2日分で書かなくなって
それを破って数学のノートにしたんだけど

あれは何を書いてたんだっけな
あの頃毎日考えてたことは
どこから蒸発しちゃったんだろうな


20180807 2347




[PR]
by yasuharakenta | 2018-08-06 23:47 | 詩、歌詞

録音物や出版物にならないあなたがいいのにね
そう言う私がいてもあなたは不満げ
あなたのいう世界はここにもあるよ
そう思う私の横であなたは不満げ


20180807 2330




[PR]
by yasuharakenta | 2018-08-05 23:30 | 詩、歌詞

忘れたわけじゃないけど
別の気持ちでも生きられるようになった

悲しくないわけじゃないけど
これでも時間と体力をたくさん使った

ミュージックプレイヤーが
思い出の曲を流しても
泣かなくなるまで
たくさん使ったの

あなたを好きなままで
他の人も好きになれるようになった

別の世界にいることを
いまではもうちゃんと頭で分かるよ


20180807 2206




[PR]
by yasuharakenta | 2018-08-04 22:06 | 詩、歌詞