<   2015年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧


この手紙は
駅のホームで書いています
かばんの上だから
字が汚いかもしれないけどごめんね

何本の電車を
わざと乗り過ごすのは
思ったより気持ちがいいです
自由を可視化したみたいです

誕生日だとわかっていながら
メールとか送らないことが増えたね
覚えていてくれてありがとう、を
摩耗して生きてきたんだね

記憶は幾分ずれたけど
答え合わせができないから
ずれた記憶が今ここでは
大切な思い出だったりします

ああ思い出なんかいらないな
そう思うこともしばしばです
空っぽになったらそのままで
いるような不安があるんだね

吐いた分だけ吸う呼吸みたく
本当に空っぽになったら
まるで小学生みたいに
生きていけるのかなあ

あなたに会っていないから
自分のことばかりだね
今度あなたに出す手紙には
思い出話が書けたらいいです




by yasuharakenta | 2015-04-30 23:43 | 詩、歌詞

風で飛んだ紙切れは
確かに鳩か何かに見えた
その鳥を救おうとして
彼は車の川で死んだ

鳩は救えたけど
人殺しを生んだ彼と
鳩だと思ったのに
それを無視した私と

ただの紙切れは
そのまま風に流された
パトカーの赤いランプは
永遠に消えなかった




by yasuharakenta | 2015-04-29 20:48 | 詩、歌詞

何度も反省したはずなのに
今日もギリギリの電車
暑くなってきたから
汗がすぐにはひかないね

前よりずっと疲れやすくなったって
いつまで過去と比較するんだろう
毎日走った中学時代と比べても
ネガティブになるだけなのに

私の駅は小さめだから
いつも降りるときドキドキする
満員電車の満員の中を
申し訳なさそうに抜けなきゃいけない

いろんなことが
思い通りにいかなくて
じゃあひとつ思い通りになるとしたら
何を選ぶ?

すぐに答えが出ないくせに
文句ばっか言ってちゃいけないね
さあそろそろ駅ですよ
息を止めて抜けろ




by yasuharakenta | 2015-04-28 21:46 | 詩、歌詞

西へ行けと言われても
コンパスのないぼくにはどうしようもない
まあ別に占い師に見てもらったわけじゃないし
そもそも言われてないけど

手帳のボールペンに
何色もあるやつを使うのをやめた
色々持ったって結局
手持ちぶさたになるんだからさ

手持ちブタさんって言ったの
誰だったっけなあ
あれはいい思い出だなあ
いつの思い出だっけ

ぼくの設けた期限は
すべてもうすぎてしまったね
爪はもう何度も
生え変わったんじゃないかな




by yasuharakenta | 2015-04-27 23:29 | 詩、歌詞

ミュージックプレイヤーから流れる音楽と
前のおっさんの歩くテンポがなぜか同じ
盗聴されてたりして!と想像したせいで
突然恐ろしくなるおっさんの背中

若い友人よりも先に生まれた音楽
生まれる前のなんて興味ないよなあ
いつのまに断絶してたんだろう
少年の頃のおっさんの年齢だもう

鼻唄も街ではうかつに歌えない
幸せの代名詞もTPOが大事
せっかくいいCD見つけても
amazonの方が安いよ、どうする?

キスは好かれてる人じゃないとダメだよ
幸せの代名詞は愛され度チェッカー
気に入ってほしいプレゼント
苦笑い以外の顔が見たいよ




by yasuharakenta | 2015-04-26 19:53 | 詩、歌詞

慌ただしく支度をして
最後にテレビの電源を消したら
柔らかな孤独が目の前にいたから
なんだか泣きそうになった

忘れられないことばかり数えるのは
忘れたことは数えられないから
こういう人間だなって言われるの嫌なくせに
すぐ見つかるところばかり気にしてるね

戸締まりが不安になって
玄関先五メートルで引き返したけど
盗られて困るものなんてないじゃない
でもそういうことじゃないじゃんね

ポイントカードの詳細を
いつもしてくれないレジ打ち名人
まあ別にいいんだけどさ
まあ別にいいんだけどね

こういうときは早く
誰かに会って雑談しなきゃ
とびっきり馬鹿だと思われて
可愛がられよう今日も




by yasuharakenta | 2015-04-25 23:41 | 詩、歌詞

なかなかみんなの
思うような春にならない
強い風が吹いて
目にごみが入ったり

ゆったりぽかぽか
それを望んでるんだよね
だけどこれも春
諦めて愛して

どの学校でも
期待に応えられなかったからかな
今の春に
感情移入しすぎちゃうよ




by yasuharakenta | 2015-04-24 20:53 | 詩、歌詞

羽根つきたい焼きを
ぼんやりとたべる
おいしい

眼鏡の調整が終わるまで
あと15分
人がたくさん歩いてる

ベビーカーを引くお母さん
ごめんなさいって言ってる

眼鏡の調整が終わるまで
まだ少しあるけど

たぶんわるくないよ
そのままでいいよ


20150424 1808




by yasuharakenta | 2015-04-23 18:08 | 詩、歌詞

ほしいものも
趣味も特技も
長所も理由も好きなことも
うまく答えられないけど

それでも私は存在してるよ
それでも生きてるの




by yasuharakenta | 2015-04-22 22:51 | 詩、歌詞

コンビニに入って
何も買わないで出るとき
何もとっていませんよって
手の平をきもちひらいて出るのだけど
みんなちがう?




by yasuharakenta | 2015-04-21 22:43 | 詩、歌詞