<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧


自転車でこのまま 空までいけたら
このままじゃなくても 風船とかつけて
雲のないところも 走れたりしたら
きもちが いいだろうな

そう思いながら ジャンプ台になる坂を
汗をかいて のぼっていくのです
空までいくのは 大変かもしれないね
きもちがいいには じゅんびが必要なんですね


20151028 2215




[PR]
by yasuharakenta | 2015-10-21 22:15 | 詩、歌詞

あたしの後ろに
あなたがいたのに
振りむくといない
残像もない

こんどは前に
あなたがいるから
視線をもどすのに
またいない

喪失感とは
常にいること
時々いないのが
喪失していない証

あたしにまとわりつく
あなたはあなたじゃない
見えないくせに
会えたらいいのに


20151027 2313




[PR]
by yasuharakenta | 2015-10-20 23:13 | 詩、歌詞

自分を変えるしか方法がなかったんでしょ
だけどあの頃のあなたを否定しなくてもいいんだよ

弱いままでいなかった強さで
弱いままでいられなかった弱さを覆ったの

付けた知力と体力が
衰えてすべてなくなって

あの頃のあなたに戻っても
別に何の問題もないんだよ

あの頃のあなたに出会っても
別に何の問題もないと言えなよ


20151026 2327




[PR]
by yasuharakenta | 2015-10-19 23:27 | 詩、歌詞

あなたが好きじゃないっていわないから
わたしは期待しちゃうじゃない

寂しい夜に連絡してこないで
わたしはいつだってうれしくなるから

一緒にいるからつもる愛情と
一緒にいれなくてつのる愛情と
別物だってもう知ってるの
取り返しつかないよ

電車もなにもない深い時間ならいい
わたしもあなたもどこにもいけないから

あなたの寂しさがなくなったら
わたしと会うのもなくなるよ
幸せがふたつになっちゃって
しかもどっちも選べない

一緒にいるからつもる愛情と
一緒にいれなくてつのる愛情と
別物だってもう知ってるの
記憶をなくして

新しく出会って




[PR]
by yasuharakenta | 2015-10-18 23:02 | 詩、歌詞

セーターを着ると
余計に寒くなることがある
外に置いといたセーターが
すぐには馴染まないから

あなたにすごく
会いたかったのに
会った瞬間
言葉を失うのと同じ

もう冬だよ
手袋もハンドクリームも
車に乗ってもすぐは
凍えて震えるよ

あなたにすごく
会いたいのに
雪で言葉が
形になるまえに




[PR]
by yasuharakenta | 2015-10-17 23:46 | 詩、歌詞

雨の降るこの地点から
今雨が降っていない街を想う
暴力と失望で嫌になる瞬間も
幸せな街が地球上で同居してる

海も空もお金を払えば渡ってゆける
僕はこの街を捨てるかもしれない

間違ってるよと言っても
通じない人たちを置いて
この街を遠く離れたら
誰かが死んじゃうかもしれない

だけど僕たちの希望は
画用紙に書いた黄色の星は
強い黒色に塗りつぶされて
星屑ももうないから

太陽の照るこの地点から
今雨が降っている街を想う
ケーキと花束の幸せな瞬間も
あの街が地球上で同居してる

いつか僕はそう思うかもしれない
このままだと思えないかもしれない




[PR]
by yasuharakenta | 2015-10-16 23:49 | 詩、歌詞

通りすがりの人の時計が一瞬太陽に反射して
ヒーローが必殺技を出すときみたいに光を放った
見えない悪を討ったのかもしれない
だけどここには分かりやすい正義も悪もない

数千万人を一度に不幸にする政治家と
家に帰りたくない子供一人を励ますホームレス
自分で自分を見ることができない優等生、劣等生に
見えなくて暗い大きさに抵抗する不登校生徒

コンビニの仕事を笑顔で片付けて後でネットに「マジ最悪」と書く幸せ者
「そんなことやめましょうよ」って拾う同意者のいない防衛者
悪気もなくどちらかと言えばプラスと思っているから
気づいたときには、見えるくらい悪になってるよ

通りすがりの人の時計は悪を倒す装置じゃない
だってここには分かりやすい正義も悪もない
彼は正義でそしてまた悪であるということ
私も必ず悪に住まれているということ




[PR]
by yasuharakenta | 2015-10-15 23:00 | 詩、歌詞

何年か前の今日
何かあった気がするけど
結局思い出せなかった
ピザ食べたいな

思い出せないのに
何年も同じ会話をしてる
そんな気がしちゃう
喉渇いたな

漫画や映画みたいに
タイムトラベルものならいいけど
いやどのみち良くないか
戻っといて同じ会話すんなよ

音楽の「※くり返し」みたいに
インプレッシブなサビならいいけど
生煮えの具材みたいな会話
一か八か燃やしてしまえよ

何年か後の今日
今日のこと思い出すかしら
同じじゃなければ何でもいい
ピザは食べたくてもいい




[PR]
by yasuharakenta | 2015-10-14 23:43 | 詩、歌詞

エスカレーターの上の方から
花屋さんの匂いがする
その匂いは花の匂いよ
誰かに言ってほしいなあ

エスカレーターを上り切って
コンビニでペットボトル500ml
改札前の柱の周りでみんな
たぶん待ち合わせをしてる

みんな遠くからここに来て
そしてどこかに行ってしまう
僕はあなたに会いに行くのだ
電車に乗って近くまで

改札の奥にジューススタンドがあったんだ
一度も飲んだことないなこういうの
今度飲み物が欲しくなったら
1分我慢してみよう


20151014 2328




[PR]
by yasuharakenta | 2015-10-13 23:28 | 詩、歌詞

お金がなくても
付きあってくれる友達は
きっといい友達だけど

お金がなくても
劣等感を感じずに
連絡を取れるかな

お金がなくても
付きあってくれる友達は
きっといい友達だけど

お金がなくても
付きあってくれる友達にとって
君はいい友達かな




[PR]
by yasuharakenta | 2015-10-12 23:41 | 詩、歌詞