<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧


もっとテレビに出たいと悩むお笑い芸人と
テレビに出てるがゆえの悩みを持つ憧れの芸人

将来はあの球団でプロになりたいと奮闘する少年と
その球団に入ったばかりの奮闘するプロ1年目

人の心を読めたらどんなに楽だろうと思う大学生と
人の心を読めるがゆえの悩みを持つ友達

ないものねだりでもねだらないよりいい
とは誰の言葉でもなく私の言葉

何かになれば自由になれるわけもなく
今の不自由を脱いで新たな不自由を着てもがくだけ


20151012 2332




[PR]
by yasuharakenta | 2015-10-11 23:32 | 詩、歌詞

冷たい言葉を使う上司は
生まれたころしゃべれなかった

野球で盗塁を決めた青年は
小さいころ転んでばかりいた

ラブレターを書いた少女は
スプーンさえ上手に使えなかった

パソコンで執筆をする脚本家は
十歳までローマ字を読めなかった

みんな何もできなかった
本当に何もできなかった

自分しか
自分の家しか
自分の街しか知らないでいたのに

本も読んで
音楽も聞いて
映画のチケットも自分で買って

他人や
誰かを
知り合いにもして

すでに百点
あげてもいいほど
みんな本当にすごかったんだから


20151012 2315




[PR]
by yasuharakenta | 2015-10-10 23:15 | 詩、歌詞

優しくされるのって苦手だよ
受け取るのが下手なんだもん

つい間違えて下とか上とか
そういうことも考えちゃうし

優しくされるのって苦手だよ
その分何かしなきゃと思っちゃう

だけどすぐに返せるものなんか
望まれてないかもしれない

もしくは何も望まれてないのかもしれない
それがその人の優しさだったり

自分が何かの後ろめたさで
勝手にそわそわしていただけで

優しくされるのって苦手だよ
だけどきっと勘違いはいけない

優しくされるのって苦手でも
優しくするのに悪はないかも


20151012 2237




[PR]
by yasuharakenta | 2015-10-09 22:37 | 詩、歌詞

金色の三日月が重力でだらんとなってる
紺色の背景に美しく光る

朝を待ってた鳥の羽ばたく音
配達のバイクの停車してる音

ねえこれから黄金の朝だよ
きれいな夜を飲みこむ太陽だよ

手で押す自転車のブレーキをかけて立ちどまる
赤信号の隙に僕は雲の音を聞いた




[PR]
by yasuharakenta | 2015-10-08 23:41 | 詩、歌詞

1分の中には60秒がちょうど入ります
1秒多くてもだめだし1秒少なくても大変です

あなたの中にはそのくらい確かなものはないかもしれません
睡眠時間も食事の量も会話のタイミングも友達の数もいつもばらばらです

だからあなたは自由ということ
だからあなたは変わってしまうということ

手すりを強く掴んでもあなたの体は宙へ飛んでいってしまいます
ほら見てください。きれいな青空です。





[PR]
by yasuharakenta | 2015-10-07 22:32 | 詩、歌詞

私を変えた一冊 私も読んだ
私を変えた映画 私も観た
私を変えた音楽 私も聴いていた

私を変えた一言 私も聞いたことあった
私を変えた先生 私も生徒だった
私を変えた先輩 私も同じバイトだった

私を変えた漫画 私を変えた授業
私を変えた服 私を変えた文房具
私を変えた試験 私を変えた青空

全部集めても 君に変わらない
君を変えたもの 私を変えていない
ただただ ただただ通りすぎて

快速列車でもないのに 
私は風景を
速読していた




[PR]
by yasuharakenta | 2015-10-06 23:23 | 詩、歌詞

好きなひとは底なしな気がするのに
きらいなひとはどうして底が見えた気になるのだろう

好きなひとはずっと追いたくなるのに
きらいなひとはどうして先が見えた気になるのだろう

きらいなひとにもないしょの過去が
聞いたら涙する過去があるかもしれないね

好きなひとはしゃぼん玉みたいなのに
きらいなひとをどうして重たい石みたく思うんだろう

重い石はハリボテ底は上げ底景色はカキワリ
どこか知らないうちとおく




[PR]
by yasuharakenta | 2015-10-05 23:39 | 詩、歌詞

少し待っててくれたら嫌いなものも食べられる
少し待っててくれたらピアノも弾けるようになる
少し待っててくれたらぜんぶ計算してあげる
少し待っててくれたら友達も作れると思う
少し待っててくれたらお金をかせいで少しあげる
少し待っててくれたら困ってることも大丈夫になる
解決するかもしれないし解決しなくてもよくなるかもしれない
少し待っててくれたらちゃんと言うと思う
少し待っててくれたこと忘れないと思う




[PR]
by yasuharakenta | 2015-10-04 20:40 | 詩、歌詞

くだらないクエスチョンを
4、5人に振りまいて
思いもよらない答えがあったら
そのひとは君の友達

くだらないクエスチョンで
人を試す真似をして
それが未来で恥ずかしくなるほど
そのひとは君の友達

同じミュージックが好きでも
違うミュージックが好きでも
そのひとは君の友達

九十九わけわかんなくても
百意味がわからなくても
そのひとは君の友達


20151004 2015




[PR]
by yasuharakenta | 2015-10-03 20:15 | 詩、歌詞

愛してると言ったら
重たくなる恋って
何のために生まれたの?

生まれた理由がないなら
どうして私も
相手をも傷つけるの

ピンク色のハートマークが
触れられない程痛いよ

私の食べたりするものが
嵐を作りそうで嫌だよ


20151003 2345




[PR]
by yasuharakenta | 2015-10-02 23:45 | 詩、歌詞