人気ブログランキング |

<   2016年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧


あんなにどきどきして書いた君への手紙も
どきどきしたこと以外忘れちゃった

あんなにそわそわして渡した君へのプレゼントも
そわそわしたこと以外忘れちゃった

愛してるって口だけ
約束だってその時だけ

もはや僕は君を好きじゃないのかもしれないよ
そうすぐ混乱めく僕をどうか愛していて


20160903 2346




by yasuharakenta | 2016-05-31 23:46 | 詩、歌詞

「見て」とバスの中で母親が子供に言った
「わあ!」と子供が破裂音のような声をあげた
私もちらりとバスの前方を見ると
まるで遊園地の入場ゲートのように
バスの大きな窓の先に虹が架かっていた
「あれ虹?」と子供は尋ねて
「あれが虹だよ」と母親が教えてあげていた
バスには座席の半分くらいの人が乗っていて
おそらくその全員が窓の方を見ていたと思う
「このバスは虹行きのバスなんだね」と私は思いついた
だけど話しかけることはできなくてもどかしかった
「なんで虹ってできるの?」と子供は尋ねて
「うーんさっき通り雨がきたからかな」と母親が答えた
「通り雨って?」「通り雨っていうのは、ちょっとだけザーって降る雨のこと」
「そのままどっかいっちゃうの?」「そうだよ」
「じゃあさ通り雨を追いかけてったらずっと雨?」子供がそう聞くと
「えー!?」と母親が言ったのが最高だった
まるで大人に問題を出された子供のようだった
「まだまだ虹に着かないね」と子供が言うと
「でも次止まったらボタン押してね」と母親は言った
その後で子供が「知ってるよ!」と答えたのが
私にはなんとも頼もしく思えた


20160903 2329




by yasuharakenta | 2016-05-30 23:29 | 詩、歌詞

別れるカップルは
結局それまでだったんだと思う
別れて話せなくなるカップルは
なおさらそうだと思う

私はマコトとそうならないし
万が一そうなっても仲良しだからなぁ

別れるカップルは
運命じゃなかったんだと思う
運命じゃない相手と付き合う時間なんて
無駄だからそれでよかったのかも

「運命は信じるとかじゃなくて
 まるではじめからそこにあるもの」

もう2年を越えたから
いつか数えなくなるかもね記念日
でもおじいちゃんおばあちゃんになっても
ずっと仲良しでいようね

おじいちゃんおばあちゃんになったら
ゆっくり2人乗りしようね


20160901 2301




by yasuharakenta | 2016-05-29 23:01 | 詩、歌詞

外に出て手袋をはめたとき
薬指に指輪がないことを思い出した
付けてたのはもう4年も前
溜め息は冬らしく白く消えてった

駅までの自転車は寒すぎる
マスクの上の目元に風が当たる
全部閉じて生きるのは不可能で
滞って生きるのは不可能で

嗚呼今日も電車に乗って
嗚呼今日も仕事で褒められて
嗚呼今日も美味しい夕飯で
嗚呼明日に備えて寝るのね

実際は珍しく仕事で注意されて
大人げなくふて腐れてしまったや
私の気持ちなんて分からないくせに
まあ私も分かってないんだろうな

ドン・キホーテほど山ほど商品があったからって
アマゾンで何でも注文できたからって
溜め息が少なくなったりしないだろうな
捨てられない指輪さえ上手くしまえないんだから

嗚呼今日も電車に乗って
嗚呼今日も自転車に乗って
嗚呼今日の汗を流したら
嗚呼明日また進んでいるのね


20160901 2246




by yasuharakenta | 2016-05-28 22:46 | 詩、歌詞

確かめて。
いつだっていいよ。
私があなたのことを嫌いになるはずがない。
私はあなたを嫌いにならない。
確かめなくても分かって。
心細いのは君が勝手に悩むせいだよ。

手を握って。
いつだっていいよ。
料理中だってキスをしてあげる。
昼ごはんが夕ごはんになるくらいでもいい?
あなたから握るだけでいいの。
それすらしないならもう知らないよ。

鼻歌をうたって。
いつだってうたって。
鼻歌は幸せの証拠だよ。
あなたが幸せそうにしてくれるなら最高。
例え演技でも幸せでいたい。
ねえ私を幸せにするのは君だよ。


20160831 2332




by yasuharakenta | 2016-05-27 23:32 | 詩、歌詞

ぼくの夕暮れを
ぼくの夕暮れを

きみの台風で
吹き飛ばしてくれ

心の良い方も
心の悪い方も

嵐に混ぜて
虹の材料にしてくれ


20160831 2311




by yasuharakenta | 2016-05-26 23:11 | 詩、歌詞


なにも恥ずかしがらなくていいのに

When you want to run, there is no need to buy running wear.


20160831 0007




by yasuharakenta | 2016-05-25 00:07 | 詩、歌詞

友人に「室内置きには不向きだ」と言われた植物は
みるみるうちに成長していった
寝転んで見上げるとまるで大きな鳥のようで
「飛べるじゃんなあ」と独り言を言った

楽しみにしていた作家の新刊も
買った途端に「あんまりだったよ」と言われた
3年読めずにいたけど開いたら止まらなくなって
「ビビってんじゃねえよ」とまた呟いた

好きなものも自分で選べず
商品棚の前でスマートフォンで検索する
お金にも心にも安全が介入してくる

愛したものがだめでもそれは失敗といわないよ
誰にもいわれないけど薄々気づいてる
「誰かのダメ」では私の尺度に物足りないんだ

たとえ壊れても愛すし引き受けること
それが好きだということです


20160830 2346




by yasuharakenta | 2016-05-24 23:46 | 詩、歌詞

ベットのへりに座るきみの
ふともものうえで頬をなでた
スプーンでぐちゃぐちゃにしたゼリーを
きみのくちにはこんだ
めんどくさくなってたがいの
くちのまわりをべちゃべちゃにした

こんなにいとおしいのに
どうしてすきとおっていかないの
だきしめたらとたんに
ずぶずぶと溶けあってしまいたいのに

シーツにべちゃりとゼリーが零れて
それをきみは足でひろげた ぐうはつ
だから微笑んで その足をとって 舐めた

そんなにいとおしいの?
どうしてすきとおってくれないの

ベットのふちに横たわるきみの
おなかのうえに耳をあてた
ほんとにいっしょになったら
このおとはきこえてちゃいけないんだよ
めんどくさくなってカーテンを
引きちぎってくるまった

こんなにいとおしいから
はやくぼくだってつれてって
ぼくのほうにはもうきみがいるよ
ずっとずっといっしょだよ


20160829 0019




by yasuharakenta | 2016-05-23 00:19 | 詩、歌詞

目的地についても
旅は終わってないみたい
ひとりは淋しいよ

ご飯をたべても
十時間寝てもたりない
光らない通信装置

映画も本も
音楽も聞けなくなった
だって集中できない

支えてくれるのは
深夜のお笑い芸人たちだけ
こんな笑い声でごめんね


20160828 2345




by yasuharakenta | 2016-05-22 23:45 | 詩、歌詞