<   2018年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧


(す)

隅々まで好き
うーんそうでもない気がするな
彼の隅々まで知ってるとは思えないし
私も隅々までさらけ出すつもりもないし

隅々まで知らないと気がすまないなんて潔癖症だよ
粗を見つけて嫌いたいのかな


20180708 2041




[PR]
by yasuharakenta | 2018-04-30 20:41 | 詩、歌詞

(し)

今日は静かにする日
しーって彼が言うときの顔が好き

でも見てる余裕なくなるくらいこっちはたいへん
そっちはずるいよ
ってかそうかこれは私に不利なゲームなのね
ハンデ戦じゃない


20180708 2036




[PR]
by yasuharakenta | 2018-04-29 20:36 | 詩、歌詞

(さ)

言うまでもないけど
最多咲いた賞って
くだらなかったなあってちょっと笑うの

どこかのカップルも同じように
そうやって笑ってるのかと思うと
私たちのくだらないを取るなよって
そんな気分にもなる


20180708 2033




[PR]
by yasuharakenta | 2018-04-28 20:33 | 詩、歌詞

(こ)

香水がなくなるたび
新しいのにする私に
どうしてって彼が言う

だってずっと同じだと
薄れていくものって多いもん
たとえ改悪に思えても
変わることそれ自体が大切だと思うの


20180708 2027




[PR]
by yasuharakenta | 2018-04-27 20:27 | 詩、歌詞

(け)

健康が
大切なものランキングを駆け上がっていく

彼の食生活を指摘しながら
私もカップヌードルのシーフード味を食べる
健康がランキングのトップに来ないように
健康に気を付けるってすごく難しそう


20180708 2019




[PR]
by yasuharakenta | 2018-04-26 20:19 | 詩、歌詞

(く)

彼がくまさん好きなことを
私はちょっと気づき始めてる

雑貨屋さんとかで
これかわいくない?って聞くのは大体くまさんだ
私はうーんと曖昧な返事をするたび
くまさんのことを好きじゃなくなっていく


20180708 2009




[PR]
by yasuharakenta | 2018-04-25 20:09 | 詩、歌詞

(き)

改めて彼に言ったことはないけど
2年前の旅行で乗った機関車の汽笛が
好きな人の声みたいに再生されることがある

君からあの汽笛が聞こえたら最高なのになとか時々思う
あの汽笛笛でもいいんだけどな


20180708 2002




[PR]
by yasuharakenta | 2018-04-24 20:02 | 詩、歌詞

(か)

もう直らないだろうことは分かっているけど
彼の片づけられないところはどうしても苦手だ

だって片づけられないという理由で
私といるのかなって思っちゃうでしょ?
ときどきは私だって不安に負けるよ


20180708 1957




[PR]
by yasuharakenta | 2018-04-23 19:57 | 詩、歌詞

ずっとやりたいと思ってたラジオ企画をスタートさせました。
ずっとやりたかったの!

ひとりしゃべりより誰かと喋りたかったので、ゲストを入れてお話しします。
さっそく第1回が公開されました。


https://www.youtube.com/watch?v=nyKJE4sh9ls


初回から数回は後輩兼作家・ライターの生湯葉シホさんをゲストに迎えています。
1時間という長めの動画なので、寝るときなんかに流してみてね。

フリートークから、言葉遊びコーナー、
さらに初回からお便りコーナーがあります。
このお便りがとってもいいんだな。ぜひ聞いてね。

そしてラジオといえばジングル。コーナー間の曲。
「オンデマンドのともだち」「CM」の2曲を書き下ろしました。

今後も継続的に更新していく予定です。
投稿も募集してるので、ツイッターで「#音だけラジオ」をつけてつぶやくか、
yasuharakenta.ptpk@gmail.com 宛てにメールくださいね。

さらにゲストも募集しています。いろんなひととしゃべりたいな。



[PR]
by yasuharakenta | 2018-04-22 21:00 | 連絡ノート

(お)

彼のことは
尊敬してるけど追いかけない

自分とは違う私を
彼が好きでいることに
私は自覚的だから
だからどっかいっちゃうの
本当に風に飛ばされちゃうくらい
危ういスピードで


20180708 1954




[PR]
by yasuharakenta | 2018-04-22 19:54 | 詩、歌詞