<   2018年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧


雪の上で転んだり
自転車にサンダルが絡んだり
交差点でタクシーとニアミスしたり

泣きたくなることなら何度もあった
でもあなたに届くように、
あなた以外全部に届けなきゃ

死ぬかもと思うことなら何度もあった
結果的に死んでいないのは
奇跡を起こせる力があるからだ




[PR]
by yasuharakenta | 2018-07-31 23:18 | 詩、歌詞

(ぴょ)

まるで終わりじゃないようなところで
あいうえおはおわり
いつまでも続く映画みたいね

バスのステップを降りて
そのまま少し
ぴょんぴょんと跳ねてしまう
そういうLIFEがいいな




暑いねから突然偶然始まったあいうえおシリーズは
ぴょのぴょんぴょんでおしまいです。
ありがとうございました。

だ「だもんで」「」「づくし」「伝承」「どうしても
ば「バイト感覚」「美容液」「無事」「別売り」「暴動
きゃ「キャプテン」「求人サイト」「許容
みゃ「脈絡」「ミュート」「茗荷谷
りゃ「略さないで」「留学生」「旅行
ぎゃ「逆効果」「ぎゅ」「業者
びゃ「白夜」「ビュー」「秒針




[PR]
by yasuharakenta | 2018-07-30 23:01 | 詩、歌詞

(ぴゅ)

ピュアでなんかいられないよと
前に付き合ってた人が言った
そのときはそうかもしれないねなんて
返事したんだけど

人の心のパーツは
ひとつじゃないんじゃないかしら
嫌いになったり許したり
ルールを知ってしまったり
色んな私がいるから
きっと生まれたての
争いがいやで泣いてばかりの私は
まだ私の中で泣いてるんじゃないかな




[PR]
by yasuharakenta | 2018-07-29 22:42 | 詩、歌詞

(ぴゃ)

ママさんバレー球体の
私の大好きなママさん64歳の千歳さんには
未だに捨てられないぬいぐるみがある

その名はピャルカ
何度も捨てようとして
何度も救ってしまった
娘のぬいぐるみも息子のタオルも注意できなかった
千歳さんは私に
なんでも集める男と違って
これってものがあれば私はいいのと言った




[PR]
by yasuharakenta | 2018-07-28 23:22 | 詩、歌詞

(びょ)

カチッカチッと音を鳴らす秒針がうるさくて
メインの時計の電池をはずした

意外となんとかなるのは
私が時間に縛られてないというわけではなくて
様々なものに時計機能が付いているからだと思う
生き物は体内時計がじゃまして
組み込めない正確な時計





[PR]
by yasuharakenta | 2018-07-27 23:47 | 詩、歌詞

(びゅ)

私のこの生活も
どこかの社会学者の研究対象になるのかな
生きられる程度のお金と
生きられる程度の知り合いのいる私なの

オーシャンビューみたくホテルの高層階から
ライフビューだなんて見られるの嫌だな
同じ目線でたくさん話聞いてくれるなら
泣いちゃうくらい話しちゃうけど




[PR]
by yasuharakenta | 2018-07-26 23:18 | 詩、歌詞

(びゃ)

どうして眠るんだろうとか
どうして病気になるんだろうとか考えたことある

たぶん同じとこにずっといると狂ってしまうの
白夜のように強い失恋のことだけを思ったりして
眠るたびに少しずつ
悲しいけど少しずつ恋心は削れて
気付けば奇麗なまんまるだよ




[PR]
by yasuharakenta | 2018-07-25 23:46 | 詩、歌詞

(じょ)

水は
外に出せば常温になる

私は
恒温動物
そんなにすぐ
同じ温度になれない




[PR]
by yasuharakenta | 2018-07-24 23:52 | 詩、歌詞

(じゅ)

ママさんバレー球体で今日は練習試合だった
いつもの小学校じゃなくて
その最寄りの駅に集合してみんなで電車に乗った

乗換駅で
次の電車まで7分あるから
ジュース飲もうよ!って野林さんが言って
みんなでいいねいいねってなった
駅のジューススタンドのジュースは値段が高くて
今まで飲んだことなかった
迷ってたらたかちゃんが
これがめちゃくちゃおいしいって教えてくれて
買って飲んだらめちゃくちゃおいしかった




[PR]
by yasuharakenta | 2018-07-23 23:13 | 詩、歌詞

(じゃ)

スーパーの仕事の終わり際に私が
このゴミまとめといたほうがいいんですよねって質問したら
そうだけどちょっと待って、じゃんけんで負けたほうがやろうって社長が言った

じゃんけんポンって
社長が負けて
やりますやりますって言う私に
いいのいいの負けたんだからって社長は笑って腰を曲げた
そのとき私
じゃんけんもひさしぶりだって気づいたの




[PR]
by yasuharakenta | 2018-07-22 22:30 | 詩、歌詞